人権

人権

英情報部、「中国工作員」が議会で暗躍と異例の警告

英情報局保安部(MI5)は、中国の工作員とみられる人物が献金を通じて英国の議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した。
人権

「電磁波攻撃を受けている」咸陽市の退役軍人が国安局を通報 

陝西省咸陽市(かんようし)の退役軍人、藩春林さんは「咸陽市国家安全局」が電磁波を使って庶民を迫害しているとして、20年前から実名で告発している。しかし、そのことで藩春林さんも中共当局の迫害対象となり、複数の家族が当局によって命を奪われたという。
人権

北京冬季五輪『外交ボイコットでは生ぬるい』米超党派議員ら強硬措置求める

2月4日の北京冬季五輪開催まで日が迫るにあたり、米国の超党派議員たちは中国共産党(中共)による臓器強制摘出など人道に対する罪の重さを強調し、各国が人権問題において強い姿勢で臨むよう呼びかけている。米政府のサキ報道官も、あらためて北京冬季五輪に政府代表団を送らない“外交ボイコット”を行うと明言した。
人権

米議会委員会 五輪関連プロジェクトで法輪功への弾圧停止を呼びかける

中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)は、深刻な人権弾圧を行う中共による五輪の開催に抗議し、2021年12月2日に ”OlympicPrisoner”プロジェクトを立ち上げ、北京冬季五輪開幕まで毎日、中共によって投獄されている無実の受刑者(良心の囚人ともいう)をツイッターで紹介している。12月27日には法輪功学習者・鄧翠萍さんを取り上げた。
人権

中国共産党、北京冬季五輪を前に法輪功への迫害を強化

北京冬季五輪の開催が迫るなか、中国共産党政権は前回の五輪同様に法輪功学習者への迫害を再び強めている。過去22年間、法輪功学習者は中国共産党の最大の弾圧対象とされ、2008年北京五輪の際には100人を超える命が奪われた。
人権

デンマーク外相、中国当局による法輪功弾圧を「非常に懸念」と答弁

デンマークの法輪功団体は国際人権デーである12月10日、議会宛てに書簡を送った。中共の法輪功学習者への人権侵害問題に関して、デンマークのイェッペ・コフォズ外相は、政府は非常に懸念すると語っている。
人権

中国人権活動家・郭飛雄氏の妻が米国で死去 葬儀のための出国も叶わず

中国の人権活動家・郭飛雄氏の妻であり闘病中だった張清氏が米国の病院で癌のため亡くなった。郭氏は、中国共産党から残酷に迫害されている法輪功学習者を支援するなど、長年にわたって社会弱者の人権問題に取り組んできた。昨年12月5日から行方不明になっており、当局に拘束されたと見られ、葬儀への出国も叶わないという。
人権

米議会で「法輪功保護法案」の審議開始

スコット・ペリー米下院議員(共和党)が提出した「法輪功保護法案」がこのほど、米議会の公式サイト「congress.gov」に公開され議会審議に入ったと発表された。22年間も続く中国共産党による法輪功迫害を停止させ、法輪功学習者を保護することを目的としたものだという。
人権

【法輪功迫害】両親の釈放を訴える16歳の少女 幼稚園通園時に拘束されたことも

米ニューヨーク。この街に住む中国湖南省出身のグレースさん(16歳)の両親が、2020年10月、湖南省長沙市で他19人の法輪功学習者とともに法輪功の書籍を読んでいたところ逮捕された。弁護士も圧力を受けて彼らの裁判を請け負わないよう妨害を受けているという。渡米して二胡を習っているグレースさんは両親の安否を心配している。
人権

新型コロナウイルス 西安の感染拡大 人民解放軍が隔離エリアに駐在

西安では12月23日から都市封鎖が始まっているが、いまだに新型コロナウイルス(中共ウイルス)の感染拡大が続いている。12月28日には、人民解放軍(中共軍)の医療チームが中共ウイルス指定病院の隔離エリアを引き継いだ。これによって、現地の感染拡大状況の深刻さが浮き彫りになっている。
人権

国境なき記者団ほか、市民ジャーナリスト張展氏の釈放を要請 不当判決受けて1年

世界で初めて新型コロナウイルス(中共ウイルス)が確認された中国湖北省武漢の実態を発信した元弁護士の市民ジャーナリスト、張展氏(38)が実刑判決を受けてから12月28日で1年となった。張氏は断続的に抗議のハンガーストライキを続け、健康状態が悪...
人権

「人質外交」を展開する中国 中国で人が消えていく

2021年2月、カナダ、日本、米国、欧州連合(EU)加盟国など58カ国は「国家間の関係における恣意的な拘束に反対する宣言」に署名した。「人質外交」を展開する中国への警告と、国際社会に人権擁護を再確認させるためである。日本人も地質調査会社社員さらに大学教授、商社員、語学学校経営者など15人が拘束され、7人が服役中という。
人権

中国「人権派」2人、世界人権デー前に所在不明に

中国の人権活動家として知られる元弁護士ら2人(唐吉田氏と郭飛雄氏)が、12月上旬から相次ぎ半月以上も所在不明となり、「当局に拘束された」との見方が強まっている。世界人権デーや北京冬季五輪を前に「国際的な騒ぎになると困るため、監視下に置いたのだろう」との意見もある。
人権

中国最高学府にいたエリートたちへの残虐な迫害 

中国で、清華大学は特殊な大学だ。多くの中国共産党党首は清華大学の出身で、清華大学の卒業生は中国社会において特殊な地位を持っている。こうしたエリート学生や助教授たちでさえも、法輪功を実践しているというだけで残酷に迫害される。
人権

弁護士資格取消文書、中国共産党による法輪功への迫害真実を暴露

12月16日、北京の有名な弁護士・梁小軍氏は、中国当局から正式に弁護士資格を取消された。北京市司法局が彼に対して発行した行政処罰決定書は、中国共産党による法輪功への迫害の証拠となった。米国の中国人権弁護士である呉紹平氏は、梁小軍氏の弁護士資格取消し処分は違法であると大紀元時報に語った。
人権

中国テニス・彭帥さん、性的暴行否定 海外メディア取材

中国のテニス選手・彭帥さんが張高麗・元副首相からの性的暴行を暴露した後の安否について、国際社会が引き続き注目している中、海外メディアが彭帥さんとのインタビューを公開した。しかし、カナダ亡命中の人権活動家は、当局によって公開された彭帥さんの写真とビデオは厳しい監視下で撮影されたものだと推測できると語っている。
人権

「ウイグル強制労働防止法」可決 米議会通過しバイデン大統領署名へ

米上院は16日、人権侵害を理由に中国・新疆ウイグル自治区からの輸入を全面的に禁止する「ウイグル強制労働防止法案」を全会一致で可決した。バイデン米政権は16日、中国の42企業・団体を新たに制裁対象に指定した。
人権

中国国営CGTN、米国人従業員に「承諾書」 法輪功との距離を要求 

中国国営メディアの国際部門は、米支局の現地従業員に対して思想統制を行い、中国当局に弾圧されている「法輪功」の学習者と距離を置くよう命令した。法輪功は身体の健康と道徳心の向上に最適な気功で爆発的な人気を博したため、その人気に嫉妬した江沢民(元中国国家主席)が1999年から残虐な迫害を開始。今なお続いている。
人権

米下院議員「法輪功保護法」提唱 人道に反する罪の即時停止を呼びかけ

医療倫理団体によるオンラインセミナーが世界人権デーの10日に開催された。出席した各国の議員らは中国共産党による臓器移植の産業化を非難し、国家的な人道に反する罪の即時停止に向けた動きが必要だと広く呼び掛けた。 中国共産党は法輪功学習者や...
人権

中国、「民族の英雄」でも自由を奪われる国

中国女子プロテニスの彭帥選手の失踪事件をベースに、作家でジャーナリストの青沼陽一郎氏が書いた興味深い記事があったので、紹介したい。中国では、たとえ国民的英雄であっても、中国共産党は利用するだけ利用して殺してもかまわないと考えているのだ。2010年9月、尖閣諸島沖で、日本の海上保安庁の巡視船に体当たりした中国漁船の船長も「中華民族英雄」となったが・・・
人権

対立深まる米中 “民主主義サミット”の裏で 人権派発言を警戒し徹底監視=中国

バイデン米大統領は9日、100カ国・地域以上の首脳らを招き、オンライン形式の「民主主義サミット」を初めて開催した。バイデン氏は、権威主義が台頭する中で権利と自由を守ることは今の時代の「決定的な課題」であるとし、世界の民主主義強化を訴えた。サ...
人権

張展氏と中国人権弁護士高智晟氏 「林昭自由賞」を受賞

米国の人権団体「対中援助協会」は7日、ワシントンで大会を開催し、中国人権弁護士の高智晟氏と市民ジャーナリスト張 展氏に2020年度と2021年度の「林昭自由賞」を授与した。高智晟氏は他の弁護士が引き受けない法輪功学習者や社会の他の弱者の弁護を引き受けたため、再三に渡り迫害を受け、2017年から行方不明になっている。
人権

北京五輪ボイコットを促す 中共の6つの罪状を列挙=ニューヨーク・ポスト紙

時事評論家の横河氏は、「この6つの罪のうち、中共による法輪功学習者とウイグル人への臓器狩りに特に言及したことは、中共がこれまでに行った暴行の隠蔽、及び国際社会の『友人』を利用して行った世論操作が完全に失敗したことを意味する」と述べた。
人権

国際人権の日に注目される中国の生体臓器狩り

12月10日は国際人権の日。開催されるオンラインセミナーでは、中国が良心の囚人らをビジネスのために殺害し、臓器売買を行っていることに注目が集まるという。 このイベントでは、「国連の世界人権宣言が、なぜこの忌まわしい犯罪から人類を守れな...
人権

米下院、ウイグル強制労働防止法案可決

米議会下院は8日、人権侵害を理由に中国新疆ウイグル自治区からの輸入を全面的に禁止する「ウイグル強制労働防止法案」を賛成428、反対1で可決した。 これまで米政府のウイグル関連の制裁対象は特定の企業や品目に限定されていたが、新法は全面的...
人権

洗脳センターとして使われる中国のホテル=闇監獄か? 法輪功迫害は続く

1999年7月に始まった中国共産党(中共)による法輪功への迫害が今だに続いている。10月に河北省の法輪功学習者数人が不当に連行され、市内にある「和泓ホテル」の裏側にある建物に拘束されたとの報道があった。内部関係者によると、この建物の4つの部屋が法輪功学習者の拘束と尋問に使われていたという。
人権

中国共産党、他国の総選挙妨害や政府への浸透(報告書)

中国共産党は様々な手段を駆使して、他国の総選挙や中央政府、議会、地方政府に対して全方位から妨害や勢力浸透を行っている報告書が相次いで発表された。 大紀元によると、世界の偽情報を監視するカナダ拠点団体「ディスインフォ・ウォッチ(...
人権

【社会主義の正体】 米国へ逃亡、1980年代生まれの中国人 自由を求めて海へ

中国のソーシャルプラットフォーム・微信(WeChat)を通して、香港の民主化運動を支援したとして中共警察から不当な調べを受けた中国の若者、丁一多氏は、自由と民主主義を求めて海運の仕事をしている時に、米国に逃亡した。彼は「中国は一つの大きな刑務所であり、そこには言論の自由や真実の報道はありません」と中共の暴政について語っている。
人権

ブリンケン米国務長官が中国を牽制「台湾侵攻は重大な結果招く」 始まりはポンペオ元国務長官の「台湾当局者と米国務省の「自主規制」の撤廃」

ブリンケン米国務長官は3日、ロイター通信が主宰したイベントに出席し、中国による台湾侵攻は「恐ろしい結果をもたらす」と述べ、台湾へ軍事的威圧を高める習近平政権を牽制した。 産経新聞によると、ブリンケン長官は、中国が台湾に侵攻しようとすれ...
人権

オーストラリア上下院、人権侵害制裁法案可決 対中共制裁で足並みをそろえるも日本は慎重論

12月1日、オーストラリア議会上院は、深刻な人権侵害を犯した個人や組織に制裁を課す人権侵害制裁法案(マグニツキー法)を全会一致で可決した。2日には下院でも可決し、今後は総督の署名を経て成立する。新疆ウイグル自治区などで人権侵害を繰り返す中国共産党を念頭に置いたものと見られている。