時事

時事

中国共産党 民間企業を動員しサイバースパイ活動を強化

中国共産党が外国の政府や機関に対するサイバースパイ活動を行うために、ますます民間企業を利用していることが明らかになった。この事実は、中国のサイバーセキュリティ企業「安洵」から漏洩した多数の内部文書を通じて判明し、世界に衝撃を与えている。
時事

中国古典舞踊の神韻公演…中国共産党による妨害続く 「コロナに感染」とでっちあげも=報告書

米国を拠点とする非営利団体「法輪大法情報センター」は1月8日付の報告書で、中国共産党は10年以上にわたって、神韻に対する世界的な妨害活動を行い、日本を含む37カ国で表現の自由を抑圧してきたと非難した。
時事

青息吐息の中共 米国などの国々が強硬な措置を打ち出し

中国共産党(中共)はここ数日、悪いニュースに見舞われている。米国は「最強の反共報告書」を提出し、一連の強硬措置を打ち出した。 ある専門家は、中共に対する米国の態度は根本的に変化し、中共政権は今、崩壊の過程にあると分析している。
時事

中共を拒絶し疫病から逃れよう 

中国で再び疫病が蔓延している中、全世界脱党支援センターは、中国人に対して、中国共産党(中共)から脱退し、共産党と手を切り、中共の仲間にならないよう呼びかけている。
時事

アルゼンチンのミレイ新大統領「中国共産党との関係を断ち切る」 

アルゼンチン大統領に選出されたハビエル・ミレイ氏が、中国共産党(中共)との関係を断ち切ると表明した。
時事

進化論 「長い尾羽を持つ恐竜」は嘘だった 中国のでっち上げは今も

近年、進化論の最大の嘘は、中国で発見された「 長い尾羽を持つ恐竜」がでっち上げだったことだ。
時事

「巨変は、いま始まろうとしている」 中国のSNS上で共感を呼んだ文章(和訳)

8月初旬の中国で、X(旧ツイッター)上にある文章が掲載され、多くの人の共感を呼んだ。「中国という国で生きることの大変さ」が、まさに民衆の慟哭や絶叫が聞こえるような実感をともなって表現されているという。
時事

中国で再び新法「外国国家免除法」成立、外国資産の凍結や押収可能に 日本企業のリスク高まる

9月1日、中国で「外国国家免除法」が成立。この法律は、外国資産の凍結や押収を可能とするもので、反スパイ法に続く動きとして、外国企業や邦人の安全上のリスクが増大するという。アステラス製薬の日本人社員は刑事拘留となり、拘束が長期化。
時事

社会の不条理描写 中国人歌手「刀郎」人気沸騰

最近、中国の歌手・刀郎さんの新曲『羅刹の海市』が爆発的な人気を博し、インターネット上では数十億回の再生を記録した。ある評論家はこの歌が中国共産党の化けの皮を剥がしているとし、爆発的な人気は民意を反映していると見ている。
時事

洪水は中国人に真の敵は誰なのかを認識させた

最近、『祖国よ、ご安心ください。もし戦争になったら、銃を渡してください。本当の敵を一人も逃がしません!』」というフレーズが話題になっている。中国人であれば、「真の敵 」が”中国共産党政権”を意味することだと誰もが理解できるという。
時事

中国で新型コロナ再燃、党幹部らも犠牲に…ウイルスの狙いは中国共産党

中国では新型コロナウイルス感染症が再燃している。法輪功創始者・李洪志氏によると、「新型コロナウイルスは中国共産党を標的としており、中国共産党に盲従し、党のために命を捧げる人々は、皆ウイルスに狙われている」という。感染を乗り越える方法とは。
時事

中共の洪水救援活動に関する捏造報道が暴露された

7月下旬、台風5号が北京などを直撃した際、豪雨や当局によるダムの放流で、河北省涿州市などの地域がほとんど水没した。中共メディアは人民解放軍による救援活動などの捏造映像を流し、人々から非難の声が上がっている。
時事

中共に屈しなかったリトアニア 「他国に模範を示した」=リトアニア国会議員

リトアニアは台湾問題で中国共産党(中共)を拒否して未曽有の弾圧を受けている。しかし数日前、リトアニアの国会議員は同国が「圧力に耐えただけでなく勝利して、他国に模範を示した」と述べた。
時事

洪水被害への公式寄付に冷ややかな反応 寄付横領事件多発=中国 

中国の北京市・天津市・河北省地域では洪水被害が深刻であり、食料、水、衣服などの生活必需品が不足している。当局は直ちに社会全体に対して積極的な寄付を呼びかけたが、公式の呼びかけは市民らに強く抵抗された。
時事

台風5号の影響で豪雨が続き、首都北京を含む複数の地域で大洪水が発生

北京市全域は7月29日、最高レベルの「赤色警報」が発表され、大洪水が発生した。7月31日、北京の大興空港の滑走路や天安門広場が水没した。8月1日、当局は北京を守るため、ダムの水を放水し、河北省など周辺の農村地区を水没させた。
時事

米国・カリフォルニア州で 中国の地下生物実験室を発見

不審な中国の生物実験室には疑わしい生物材料が保管されており、遺伝子組み換えされた900匹のネズミや少なくとも20種類の感染源が検出されたという。米国連邦捜査官は中国発送のラベルが貼られた数千の荷物箱を発見した。
時事

中国共産党が改正反スパイ法施行 日米韓が渡航に勧告

中国共産党の「改正反スパイ法」が7月1日から、施行され、米国や日本、韓国などの国は自国民に対し、中国への渡航について再考するよう注意喚起している。日本も警戒を呼びかけ、松野博一官房長官は6月30日、在留邦人への注意喚起について言及した。
時事

日本華僑報 編集長 中共プロパガンダ機関の不正を暴露

最近、「日本華僑報」という中国語新聞社の編集長である蒋丰(ショウホウ)氏が微博( ウェイボー)で、「中国新聞社(以下、中新社)が贈賄を受け、金をもらってから、記事を発表している」と暴露した。この情報は波紋を広げたがすぐに削除された。
時事

【和訳】法輪功創始者の李洪志氏が発表した2つの文章(人類への啓発)

法輪功創始者・李洪志氏が『なぜ人類は存在するのか』と『なぜ衆生を救い済度するのか』と題する文章を発表。ある評論家は「文章は全人類にとって非常に重要で、混沌とした世界において、人間社会が伝統的な道に戻る必要性を指摘している」と語った。
時事

日本と米国に矛先を向ける中国共産党の憎悪教育

有志組織・大翻訳運動は4月13日、将来の夢を問われ答える中国の子供の動画を字幕付きで投稿した。残忍さを示すその答えに、専門家は「幼い頃から中国共産党の歴史シナリオのなかにいる」とその憎悪教育問題を指摘した。
時事

米、刑事事件として摘発 中国「海外警察署」運営疑いで2人逮捕 

米司法省は4月17日、越境弾圧に従事しているとされる中国海外警察署を運営していた疑いで中国系米国人の男2人を逮捕したと発表した。日本など各国に設置されている海外警察署だが、刑事事件として摘発されたのは今回が初めてとされる。
時事

国民が絶望「中国の農薬使用量は世界一、自分自身を毒殺」 高官らは特別供給

最近、中国が使用している農薬の量が世界中のすべての国を合わせた量よりも多いことを示す動画がネット上に投稿された。一方、中国共産党の高官たちには安全・安心な特別食品が供給される、「特供(特別供給)」があり、その店舗には一般市民が入ることができないという。
時事

中国専門家「日本の警戒心不足に驚く」ファーウェイが日本の私立中高で情報技術を講義

中国の通信機器大手・ファーウェイが日本の私立・県立の中学校、高校で情報技術の講義を行っている。中国専門家は、米欧で定着するネガティブな印象を払拭するために、日本の教育現場で良い印象を与えようと試みているのではないかと指摘する。
時事

トルコ大地震 被災者を買収して工作活動する中国 

2月6日発生のトルコ大地震で多くの死傷者が出たにもかかわらず、中国政府は宣伝に利用することを忘れていない。最近、中国公式メディアの記者はお金を出して、現地の被災者を買収し嘘をつかせようとしたが、多くの被災者が取材を拒否しているという。
時事

ポンペオ前米国務長官、回顧録で極秘訪朝の内幕を語る

ポンペオ前国務長官が1月24日発表した回顧録で、2018年に極秘訪朝した際、金正恩総書記が「中国人はみんな嘘つきだ」と罵倒していたと言い、北朝鮮当局が中国共産党の脅威から身を守るため、米国の保護を受けることを望んでいると言う。
時事

中国で死者が増加! 各地でお墓や火葬炉が大量に作られている

中国では現在、各地でお墓や火葬場が作られ、増え続ける新型コロナ関連の死者の対応に追われている。
時事

中国 コロナ死急増 死体袋が不足

中国では現在、深刻な感染拡大で死亡者数が急増し、葬祭用品が極めて不足している。ある死体袋メーカーは、「毎日、大勢の問い合わせがあり、十数万から数千万の注文が殺到している」と暴露した。
時事

臓器売買疑惑 海外へ臓器移植を仲介してきたNPO法人、新規受け入れを3月末で停止 

NPO法人「難病患者支援の会」は、海外での移植を希望する新規患者への対応を3月末で終了すると表明。また、「移植希望患者を中国へ案内するだけではなく・・・」と回顧した。法輪功学習者からの臓器狩りに関与した疑いもある。
時事

中国・瀋陽で新たな墓地を大量建設/北京大チーム 新型コロナ感染者数は9億人と推計

中国では深刻な感染拡大になっており、毎日多くの人々が亡くなっている。中国遼寧省瀋陽市では多くの遺体を埋葬するため、新たな墓地を大量に開発している。北京大は感染者数を累計9億人と推計したが、死亡者数ははっきりしていない。
時事

中国当局は「ゼロコロナ」から一転、ウイルスの本当の標的は誰?

EUは1月3日、新型コロナウイルス感染者が急増している中国にワクチンの寄付など支援を申し出たが、中国側は拒否したという。中国当局は「ゼロコロナ」から一転、ウイルスの本当の標的は誰なのか?