人権

人権

米国テキサス州、中共による臓器狩りの譴責決議案を採択し、州知事が署名!

米国テキサス州ではこのほど、中国共産党(中共)による法輪功学習者らへの組織的殺害を非難する決議案が、テキサス州の上院、下院共に全会一致で可決され、グレッグ・アボット知事が6月7日に署名し、テキサス州を代表して中共が行っている生きた人からの強制臓器摘出という非人道的行為を非難した。
人権

東京入国管理局前 中国人の男が女性法輪功学習者に暴行

5月31日午前中、複数の女性法輪功学習者が東京入国管理局前の路上で資料を配っていた時、背の高い30代の中国人の男がやってきて法輪功の看板を破壊した。一人の女性法輪功学習者が後ろから男を追いかけて行ったところ、男は女性法輪功学習者の右顔を平手打ちし暴行した。警察は現在この事件を捜査している。
人権

日本領事館員の自殺をスクープした中国人ジャーナリスト、法輪功迫害の真相語る

今から15年前の大紀元の記事である。日本の某報道機構などに勤務していた中国人ジャーナリストR氏は、日本駐上海領事館の男性館員が自殺した事件などを第一声に取材し暴露したため、中共政権に追われ米国へ脱出した。その後、法輪功迫害の真相、特に秘密刑務所で行われている臓器狩りについて初めて証言した。
人権

中国共産党が「前例がないほどの厳格な措置」で六四天安門事件の追悼集会を阻止

北京の天安門広場で発生した悲劇「六四天安門事件」から32年を経た今もなお、自由と民主主義を求めて平和的に抗議する人民に対し、中国共産党の残忍な弾圧は続いている。1921年に創設された中国共産党の建党100周年に向けて、中国政府は国民から六四天安門事件の記憶を抑制かつ抹消しようと躍起になっているという。
人権

毛沢東の知られざる事実と、中国共産党の殺人歴史

旧ソ連は、中国共産党に独裁と暴力的な権力掌握の理念、戦略、体制、技術などを輸出しただけでなく、さらには金銭、武器、アドバイザー、情報そして基地までも提供した。そして中国共産党は内戦、恐怖、嘘などの違法手段を使って、中国の政権を奪取し、その歴史は殺人の歴史であったという。
人権

法輪功迫害、武漢市の幼稚園教諭に薬物 精神障害で苦しむ

中国武漢市に住む女性法輪功学習者、黄時群さん(50代後半)は2017年12月、地元当局に拘束され、正体不明の薬物を投与された。それ以降、黄さんは精神的な苦痛に悩まされ、視覚・聴覚と認知の機能が低下した症状がみられた。それでも、中国当局は黄さんと家族へ嫌がらせを続けているという。
人権

WHAが60カ国の提案を可決「新型コロナの発生源調査」

5月24日より始まったオンライン第74回世界保健総会(WHA)は5月31日、60カ国が共同提案した決議草案を可決した。新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)のパンデミック対策への政治的コミットメントを強化し、今年11月にパンデミック対策に関する国際条約を策定するための臨時会議を開催する予定という。
人権

米議会超党派ー2022北京冬季五輪ボイコットを呼びかける

米議会の共和党と民主党は、中国での人権侵害や大量虐殺を非難することにおいて一致団結している。5月18日、米議会下院の超党派による公聴会で中国が冬季オリンピックを開催することの意義を検討し、国際オリンピック委員会に対し、北京当局との関係を見直すよう求めた。
人権

中国での法廷戦争:裁判中に弁護士が法廷の外に放り出される

中国の人権派弁護士は、最も危険な職業の一つだという。その答弁が気に入られなければ、弁護士自身が刑事責任を問われる可能性があるからだ。中国から逃れてきたばかりの人権弁護士・呉紹平氏は、NTDのインタビューに応じ、中国の司法制度の実態について語った。
人権

明慧報告「法輪功迫害20年」が高評価 米ベンジャミン・フランクリン賞を受賞

米独立書籍出版協会 は5月14日、オンラインの授賞式で、明慧出版社が刊行した英語書籍『明慧(ミンフイ)報告:中国における法輪功迫害の20年』が、ベンジャミン・フランクリン賞シリーズのビル・フィッシャー賞最優秀デビュー作部門で銀賞を受賞したと発表した。
人権

中国のある16歳の少女の生い立ち

中国では今まで続いている法輪功学習者への迫害で、学習者だけでなく、その家族も計り知れない辛酸をなめている。遼寧省の法輪功学習者徐大為さんの娘さんもその一人。わずか16歳だが、父の死、母との離れ離れの生活、恐怖と隣り合わせの逃亡生活などを経験している。中国からタイに渡り、現在は米国にいるこの少女がその思いを語った。
人権

米国務省、香港大紀元記者襲撃事件を非難「容認できない」

香港「大紀元時報」の記者である梁珍氏は5月11日昼ごろ、自宅マンション前でバスに乗ろうとしていたところ、突然、車が近づき、中から覆面の男が降りて、持っていた野球のバットのようなもので彼女の両足に激しく殴りかかった。男は約1分後に車で逃走。これを受けて、米国務省や米英両国の議員らは相次いで非難した。
人権

『悪魔が世界を統治している』第五章:西側への浸透(下)

共産主義のイデオロギーは邪悪である。歴史が明確に示したのは、共産主義が及んだ地域はどこでも、暴力、欺瞞、戦争、飢餓、独裁政治が伴うということだ。しかし、「なぜ、多くの人々が邪悪の虚言の拡散を助長し、邪悪の従順な下僕となって働くのか?」ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しい言葉遣い)を掲げ、欧米に広がる社会主義についても概説。
人権

息も絶え絶えの男性、顔に大やけどの女性 法輪功迫害の内部映像を公開=米FOXニュース

米大手メディアFOXの地方支局「FOX11ロサンゼルス」が、中国国内における法輪功学習者に対する人道犯罪を番組の一部で報道。2019年1月、中国から米国へ渡った元実業家の法輪功学習者が、厳しい情報統制が敷かれる中国本土の強制収容所や病院内部の様子を撮った映像を公開した。
人権

『悪魔が世界を統治している』第五章:西側への浸透(上)

ソビエトや中国では、独裁国家、大量虐殺、伝統文化の破壊といった明白な形で共産主義が現れた。一方、欧米国家では、転覆と偽情報により、ひっそりじわじわと共産主義が力を増していく。欧米の反体制文化運動は、伝統と権威を否定し、同時に性の解放、快楽主義、麻薬、ロック音楽を提唱する社会運動である。この章では、欧米に浸透していく共産主義について概説している。
人権

『悪魔が世界を統治している』第四章:革命の輸出

暴力と嘘に支えられた共産主義のカルトは世界へと広がった。中国共産党が政権を掌握できたのは、まさにソビエト連邦が中国へ革命を輸出したことが理由である。この章では、共産主義がソビエトや中国から、アジア、アフリカ、南米、東欧の小国へと輸出される歴史を概説している。
人権

年商100億ドルのビジネスとは?! 臓器狩りの闇

以前、韓国メディアは「中国共産党は脳幹衝撃装置を使って人為的に脳死を引き起こさせ、脳死した人から臓器を摘出している」と暴露した。また、元米政府官僚によれば、中国共産党は人工心肺装置を使って生きたままの人間からすべての臓器を摘出することができ、毎年100億米ドル以上の暴利を生み出す産業と化しているという。
人権

『悪魔が世界を統治している』第三章:東側での大虐殺

共産党の独裁政治はナチスと比較されることが多いが、一つだけ決定的に異なる点がある。ナチスはユダヤ人の根絶を目的としていたが、共産党の目的は肉体的な殺戮(さつりく)を超えたものだ。共産党は虐殺という手段で人々の心に恐怖を植えつけ、邪悪なイデオロギーにより人々の道徳を堕落させ、最終的に人々を地獄へと突き落とす。この章では、共産党の凶暴性について概説している。
人権

【4・25陳情】 「絵画で真相を伝える」 ー画家の物語

法輪功迫害の発端は、1999年4月25日の「中南海包囲事件」だとしているが、これは中共が法輪功への弾圧を正当化するためにでっち上げたプロパガンダで、実際は平和的な「陳情」だったという。画家の孔海燕氏は自分の絵を通して人々に真相を伝えたいと、この【4・25陳情】を題材にした作品で金賞を受賞した。
人権

【動画】1日に4つの心臓提供 武漢協和医院の不可解な臓器入手ルート

中国国家心臓移植品質管理センターの黄潔氏は2019年末に「まだ臓器提供者は十分にいる。多くの患者は速やかに評価されていないため、臓器提供者が無駄になっている」と、中国の心臓移植業界が「臓器が移植患者を待つ」という異常な状態にあることを示した。臓器の入手ルートは、どうなっているのか?
人権

米上院外交委、北京五輪への派遣禁止法案を可決

米上院外交委員会は21日、中国共産党政府に対抗する超党派の取り組みで、「2021年の戦略的競争法」を圧倒的多数で可決した。同法案には、共和党のミット・ロムニー上院議員の修正案が含まれており、米国から2022年北京五輪への政府代表団の派遣禁止や、外交抵抗を行うよう求めた。
人権

『悪魔が世界を統治している』第二章:始まりはヨーロッパ

この書籍は共産主義とは何か、今こそ我々が知るべき内容が書かれた貴重な参考書と言える。この章では、共産主義運動の理論的根拠を書いたマルクスが実は無神論者ではなく、サタン教の信者で彼自身が悪魔となったこと、彼の理論を残虐に実行したのがレーニンで、その後スターリンに引継がれていった歴史について概説している。
人権

『悪魔が世界を統治している』第一章:人類を壊滅する邪悪の陰謀

人類を壊滅する邪悪(悪魔)は何世紀にもわたって、系統的で緻密な陰謀を仕掛けてきた。壊滅への第一歩は、人間と神の絆を断つことである。悪魔は彼らの代理人を人間界に送り込み、無神論を広め、絶え間なく人間の思想を歪めた。この章では、歴史をまたにかけ、絶え間なく実行されてきた悪魔の陰謀について概説している。
人権

元深セン教育局副局長、法輪功学習者というだけで不当懲役

かつて深セン市教育局副局長を務めた中国教育専門家の唐海海氏と妻の孫雪新氏は法輪功を学んでいた。2020年3月、唐氏と妻の孫氏はアメリカから帰って親戚訪問をした際に、深セン市南山収容所に拘留され、不当判決を受けた。唐海海氏は1年2か月、孫雪新氏は3年の懲役を言い渡されたという。
人権

中国国内メディア「臓器ドナーの供給は十分」「1日4件の心臓移植を達成」と宣伝

2021年3月18日の「長江日報」によると、中国・武漢協和病院は100例の小児心臓移植を達成し、全国第一位となっている。心臓移植を受けた7歳児童の場合、一週間も経たないうちに、20歳の脳死の男子ドナーが見つかったという。中国移植業界は、国際機関の第三者による現地調査を拒否し、豊富な移植臓器が提供できる理由について説明を行なっていない。
人権

米超党派議員が中共への臓器強制摘出阻止法案を提出

米国超党派の両院議員は3月初旬、世界中の強制臓器摘出や人身売買と戦うために、強制臓器摘出阻止法案を両院に提出した。テキサス州のブライアン・バビン共和党下院議員は「中国共産党の責任を追及する時が来た。中共による法輪功学習者への迫害は悪名高く、臓器狩りの証拠の多くは法輪功学習者によるものだ」と述べている。
人権

法輪功への弾圧は、今世紀最大の人権侵害

現在中共による数々の人権侵害について、日本でもようやく取り上げられるようになりましたが、「法輪功」への迫害についてはあまり取り上げられていません。 実は、法輪功への残虐な迫害は、全世界を巻き込んだ今世紀最大の人権侵害と言われています。 【法輪功について】では、客観的な資料に基づいた説明が掲載されていますので、ご紹介します。
人権

中国当局から脅迫 BBC北京特派員、台湾に転出 

中共の外国人ジャーナリストへの抑圧は悪化の一途を辿っている。BBCのジョン・サドワース北京特派員は、中国駐在歴9年のベテランジャーナリストで、中共当局から迫害を受けている人権弁護士や新疆ウイグル自治区における人権侵害について多く報道してきた。彼は、中共当局からの圧力や脅迫を受けたため、台湾に転出したという。
人権

新書が中国奴隷労働の実態を克明に記述

米国の中国系ジャーナリストのアメリア・パンさんは法輪功学習者を主人公にした最新刊の中で、安価な「中国製」製品の背後に存在する、奴隷労働者の壮絶な実態に焦点を当て、国際社会に対し中国人の人権侵害に反対する企業を支持するよう呼びかけている。
人権

中共の臓器狩り非難決議案 続々通過=米バージニア州の9つの郡で通過

米バージニア州の二つの郡は、法輪功学習者のような良心の囚人に対する中国共産党(中共)の臓器強制摘出を非難する決議案を採択した。地方レベルの運動で次々とこの種の決議案が採択され、中共の残虐な人権侵害を阻止しようと、米国民が世界的な取り組みに参加しているという。