人権

人権

ワクチン接種後に、米アスリート270人以上死亡

米国では270人以上のアスリートと元アスリートが、新型コロナワクチン接種後、心停止やその他の深刻な問題で死亡していることが、最近の査読済み研究のデータから明らかになった。では、新型コロナの特効薬とは?
人権

中国で4億人死亡、中国共産党コロナ情報を隠蔽

現在、疫病と死が津波のごとく中国各地に広がっている。各地の病院には遺体が積み上げられ、火葬場も飽和状態だ。中国当局はこの深刻な感染状況と死亡者数を極力隠蔽しようとしており、発表された感染症データは実態と離れているとの批判が高まっている。
人権

新型コロナに直面し、中国プロパガンダ機関は自らを正当化している

Agence France-Presse(AFP)の報道によると、中国の新型コロナウイルスの症例が急増するなか、国営メディアは封じ込め政策のUターンを正当化するための物語作りに必死だ。 ネット監視員も残業しており、独自の首尾一貫した物語構想を模索しているという。
人権

中国で新型コロナ感染爆発 狙いは共産党員及び支持者!

世界中に広がっている新型コロナウイルスについて、マスクやワクチンなど様々な対策をしているにもかかわらず、なぜ効き目がないのか?? では、どうしたら良いのか???
人権

中国のコロナ感染、12月に2億4800万人か

米政府系のラジオ自由アジア(RFA)は23日までに、中国で今月、総人口の約18%に当たる2億4800万人が新型コロナウイルスに感染したとする中国政府の内部資料が流出したと伝えた。
人権

中国共産党による法輪功迫害は続いている=米政府系機関

米政府系機関・米国際宗教自由委員会(USCIRF)は2日、世界各地の宗教弾圧の被害者リストを発表し、未だに続く中国共産党による法輪功学習者への迫害を非難した。
人権

江沢民死去、人権弁護士団は中共による法輪功迫害を継続して追求すると誓った

江沢民は政権時代、大々的に法輪功学習者への弾圧を開始し、長期に渡って悪名高い。江沢民の死に対して台湾の法輪功学習者を擁護する人権弁護士団は、11月30日に声明を発表した。
人権

江沢民死去、96歳 法輪功迫害の元凶

北京(CNN)によると、 中国国営新華社通信は11月30日、江沢民元共産党総書記(元国家主席)が死去したと報じたと言う。96歳だった。江氏は白血病とそれにともなう多臓器不全により、上海で亡くなった。 産経新聞には、「江氏は任期中、気功...
人権

中国100超大学「白紙抗議デモ」 当局が暴力で鎮圧

11月24日中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で、住宅ビルの火災が発生し、数十人が死傷した。現地政府が過剰な防疫政策で救援を妨害しているのではないかと問題視された。 これは地元の民衆の大規模な反発を引き起こし、これまで蓄積されていた不満が爆発した。民衆は街頭に出て抗議し始めた。抗議活動は全国に広がっている。
人権

米議会2022年度報告:中共は残酷に法輪功への迫害を続けている

米国議会・行政府中国委員会(CECC)は11月16日、2022年年度中国人権報告書を発表した。報告書では、『法輪功学習者』と明記され、20年以上、中国共産党(中共)による残酷な迫害に直面してきたと示されていた。
人権

中国武漢、1日のうちに3つの小児心臓移植を同時施術、ドナーは誰?

中国湖北省武漢市にある武漢協和病院では11月7日の一日の内に、ドナー不明の3つの小児心臓移植手術を完了したことがわかった。一方、最近、10代の少年少女の失踪事件が多発していることから、臓器売買との関連を疑う憶測が広がり、ネット上で恐怖が広がり始めている。
人権

オランダ警察、中国「海外警察官」を初逮捕

中国共産党の「警察の海外出先機関」が国際的に暴露された後、最近、中国の海外警察官がオランダで逮捕され、これは初めのことだという。 オランダ在住の中国人活動家、王靖渝氏は、11月7日午後8時、中国の在外警察官を名乗る男からメールが届き、...
人権

英国議員、英国マンチェスターの中国総領事館での暴力事件を告発

英国マンチェスターの中国総領事館で、香港の民主化を求めるデモの参加者に暴力がふるわれた事件で、同総領事館の高官の1人が関わっていたと、英国のアリシア・カーンズ議員が18日、明らかにした。
人権

法輪功学習者、中国警察に窓から突き落とされ死亡 非人道的な弾圧続く

吉林省延吉市の尹志波さんが、所持品や法輪功書籍の没収に抵抗したため警察官らに窓から突き落とされ死亡した。落下事故とした警察に対し、家族や親戚は不服申し立てをしたが、公安部から圧力や脅迫を受けたという。
人権

習氏3期目控える中国 問題山積の中、政治改革求める国民運動は広がるか(動画、字幕あり)

中国共産党大会開幕を10月16日に控え、当局が警戒を強める中、北京で13日に「改革が必要」などと政府を批判する極めて異例な横断幕が掲げられた。習近平国家主席は今回の党大会で、異例の3期目続投を決めるとみられているが、住宅ローンの返済拒否運動やロックダウンへの抗議など、国民による反対運動はうねりを見せている。
人権

北京市内に政府批判の巨大な横断幕 共産党大会直前

16日の第20回党大会に向けて厳戒態勢が敷かれる中、北京市では13日、抗議者が市内の陸橋で「ゼロコロナ」政策や習近平国家主席を非難する横断幕2枚を掲げたことがわかった
人権

米ハドソン研究所、中国の圧力押しのける ポンペオ氏共産党批判の動画巡り

米国のポンペオ前国務長官は4日にツイッター上で、中国共産党政権の統治を批判する自身の動画を巡って、中国大使館がハドソン研究所に書簡を送り圧力をかけていることを明らかにした。ハドソン研究所は「事実は変えられない」と同氏を擁護した。
人権

国際人権団体他、臓器狩り記事に対する在伊中国大使館の非難声明に「報道への干渉」と批判

在イタリア中国大使館は8月末、イタリアの週刊誌パノラマ(Panorama)が中国共産党による臓器収奪問題を報じたことを「強く非難する」との声明を出し、「(報道記事による)影響を払しょくするよう」要求した。米議員や国際人権団体は中国大使館の報道への干渉を批判した。
人権

国際医学界初の新規則「中国の臓器移植論文を全面禁止へ」

国際心肺移植学会(ISHLT)はこのほど、中国からの臓器移植研究論文の発表を全面的に禁止すると発表した。これは、国際医学界では初めての新しい方針だという。
人権

人権団体が中国批判 「中国の精神病院刑務所」実態の衝撃

人権団体セーフガード・ディフェンダーズが16日に発表した「中国の精神病院刑務所」と題する新しい報告書は、中国共産党が数十年来、少なくとも100人近くの反体制派を警察が管理する精神病院に強制的に送り込み、電気ショックや強制投薬など、最長10年間に及んだことを明らかにした。
人権

中国人権派弁護士、行方不明になって5年 妻「手掛かりがない」

「中国の良心」と呼ばれる人権派弁護士・高智晟氏(55)は2017年8月に自宅軟禁中に失踪したまま、今年8月で5年が経った。米国に亡命し、夫の救出活動を続けている高氏の妻、耿和さんが11日に大紀元の電話取材に応じたので、それについて紹介する。
人権

全世界で4億人が中国共産党関連組織を脱退

中国共産党関連組織からの脱退運動は、2004年に「大紀元時報」が社説「共産党についての九つの論評」を発表した後に始まった。社説には、中国共産党の設立から法輪功への迫害など、中共の暗黒の歴史が詳細に記されている。
人権

23年も続く法輪功に対する迫害を非難 米国首都でのイベント

拷問、殴打、投獄、殺害、排斥などは、法輪功学習者たちが中国で日常的に受けている迫害の一部だ。1999年7月20日、中国で法輪功への迫害が開始されてから23年間も続いていることを知ってもらうために、米国各地では様々なイベントが開催された。
人権

今世紀最大の人権侵害と言われる、法輪功に対する残虐な迫害23年も続く

23年前の今日、江沢民元中国国家主席が法輪功への弾圧を発動した。多くの人にとってそれは中国の事だと思っているが、実は知らず知らずの内に全世界の人々が巻き込まれており、これに対しては理解に苦しむだろう。
人権

【法輪功迫害】臓器狩りは「江沢民の命令」だった! 彭帥事件の張高麗が証言していた

中国の有名な女子テニスの彭帥選手に性的関係を強要したとされる、張高麗・元中国副首相の黒い過去。「法輪功迫害追跡調査國際組織」が2015年、生体臓器摘出を命じた最初の人物が江沢民だったとの張高麗の間接的証言を公表した。
人権

【動画】猫組長へのインタビュー 中国で見た臓器移植の闇 中国共産党高官の関与も

「隣の部屋にドナーがいるから見ないか」。医者がカーテンをめくると、そこには両手足の腱を切断された21歳の男性(法輪功学習者)が横たわっていた。15年前、中国の首都・北京の武装警察総病院での出来事だ。
人権

闇の臓器移植の現場 猫組長は見た!「ドナーは法輪功」

元山口組系暴力団の組長で、現在「猫組長」の名前で活動する経済評論家の菅原潮氏は15年前、思わぬきっかけで闇の臓器移植の現場に立ち会ったと大紀元に語った。 武装警察の高官が関与 菅原氏の知人が肝臓を悪くし、余命宣告されたのは2007年...
人権

中国本土で臓器移植手術(臓器狩り?)に加担 台湾の病院が医師2名を解雇

台湾の彰化キリスト教病院は6月10日、2人の医師との雇用契約を更新しないことを発表した。二人は病院に報告せずに、中国本土で臓器移植手術を繰り返し行ったという。
人権

中国「全国民スパイ」か 密告奨励法「最大200万円以上」

中国国家安全省は6月6日、「国家の安全を脅かす行為」を通報する市民を奨励し、匿名でも受け付け「特別重大」な情報には最大10万元(約200万円)の報奨金と報奨証明書を与える新法を公布した。
人権

中国の賃下げラッシュ驚きの実態 「給料を自主的に半分カットせよ」

6月に入って、上海でおよそ2カ月間続いたロックダウンも、実質的に解除された。 道路にはようやく車が出てきて、公園や緑地でお弁当などを食べる人の光景も再び見られるようになった。しかし、市民の気持ちはまだ梅雨時の空模様のようで、晴れやかさ...