リュウ平のブログ

時事

香港の新型コロナ感染者数 記録を更新 警察署や食品工場内の感染も

香港の新型コロナ感染が拡大を続けている。22日には新たに113人、23日には118人が感染、一日の感染者数として最多を記録した。このほか、湾仔警察本部の女性警察長の感染、さらに香港の親政府側の企業「 美心集団」の月餅工場でも感染者が確認され、月餅製品を全て廃棄すると発表した。
時事

中国最大淡水湖が史上最高水位、江西省「臨戦態勢」

連日の豪雨と三峡ダムの放水により、省内にある長江水系の淡水湖、鄱陽湖では12日午前、史上最高水位を突破した。省政府は、洪水防止対策の「臨戦態勢」に入ったと宣言した。ネット上では「中共は天罰を受けた」「中共は金を出して国民を救う気はあるのか?」など対応のまずさに批判の声があがっていた。
時事

バノン氏、米政権が中国共産党解体の「戦争計画」に着手

米トランプ大統領の元首席戦略官のスティーブ・バノン氏は7月20日、米FOXニュースとのインタビューで、トランプ大統領は中国共産党に対して「一貫性のある計画」を持っており、それによって中国共産党を解体していくとの見解を述べた。
人権

中国共産党のゲシュタポ「610弁公室」、21年間続く法輪功学習者への集団虐殺

1999年6月に設置された、ナチスドイツの「ゲシュタポ」に類似する中国の秘密警察組織「610弁公室」は「法輪功取締機関」として、あらゆる面から法輪功(ファルンゴン)への集団絶滅・殺戮を行ってきた。2018年に格下げされた後でも依然として強い権力を保持している。
人権

日本も参加の列国議会連盟、法輪功迫害21年で声明 臓器狩りは「特に問題」と強調

日本の国会議員も参加する列国議会連盟(IPAC)はこのほど、中国共産党政権により21年間続いている、気功グループ「法輪功」を学ぶ人々への迫害政策について非難声明を発表した。また「過去20年間、何十万人もの法輪功学習者を投獄し、酷い拷問を加えた」と説明した。
時事

トランプ選挙陣営 Tiktok禁止請願書への署名を呼びかけ

米国はTikTokの規制を強めています。トランプ大統領の選挙陣営はSNS上でTikTokを禁止する請願書への署名を呼びかけています。また、8月にはTikTokに代わる新しいアプリが登場する予定です。
時事

米国、在ヒューストン中国総領事館に閉鎖命令、「スパイ拠点」か?

米テキサス州ヒューストン市にある中国総領事館は現地時間24日午後4時までに建物から撤去するよう米国政府から命じられたため、機密文書を燃やしていて火災が発生したという。ルビオ米上院議員は22日、ツイッターにこの中国総領事館が「スパイ活動の巨大拠点だ」と投稿した。
人権

米国務長官「法輪功弾圧やめよ」 中国政府に要求

7月21日、ワシントン共同のニュースをNews47などが相次いで報道した。【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は20日、中国政府に対し、同国が「邪教」と位置付ける非合法の気功集団「法輪功」への弾圧を直ちにやめるよう要求した。中国当局が1999年7月に法輪功メンバーへの取り締まりを本格化させて21年になるのに合わせて声明を発表した。
人権

駐英中国大使、BBCでウイグル人の強制収用否定

駐英中国大使がBBC番組「アンドリュー・マー・ショー」に出演し、新疆ウイグル自治区でウイグル人が目隠しをされて列車に乗せられている様子について、「何の映像か分からない」と述べた。
時事

米国の共産党員入国禁止の報道受け「脱党」がグーグルトレンド入り

トランプ政権が中国共産党員とその家族の入国を全面的に禁止することを検討しているとの報道を受け、グーグルで単語の検索回数の推移を示す「グーグル・トレンド」では、キーワード「退党(中国共産党からの離脱、または脱党ともいう)」の検索回数が急上昇した。
時事

兵士でワクチン試験 開発された新ワクチン接種者の半数に副反応

大紀元がこのほど独占入手した中共準軍事部隊の核酸検査報告には、中共軍内部で中共肺炎が流行していることが記されている。また中共軍事委員会は6月、新たに開発されたワクチンの試験接種を軍部が行うことを特別に許可したが、接種者の半数近くに副反応が発生したことも明らかになった。
人権

「中共の臓器狩りの徹底的な調査を」米宗教自由委員会委員

今年の7月20日、中共が法輪功への迫害を開始して21年目を迎える。この間、法輪功学習者たちは各国で中国で起きている人道に反する迫害の真相を伝え続けてきた。米国国際宗教自由委員会のバウアー委員はビデオメッセージを公開し、世界中の法輪功学習者への支持を表明した。
時事

最大で最も虚偽的なSNSインフルエンサーは?

インフルエンサーとは、主にインターネット上の消費者発信型メディア(ブログやSNS)の中で大きな影響を与える人のことを指す。もともとはマーケティング世界の話なのだが、中国は国家全体で操作し、新型コロナ感染流行に関する北京の2大論点を宣伝している。
人権

政府批判で拘束されていた清華大教授が釈放され、声明を発表

中国で習近平指導部を批判してきた中国人の大学教授が、7月6日警察に買春容疑(本人否定)で拘束され、12日に釈放された。釈放後の声明で、「命のある限り体制批判を続けていく」と述べ、「全体主義体制が必ず失敗に終わり、中国国民は必ず自由を手に入れる」と示したという。
人権

米トランプ政権、共産党員の入国禁止を検討

ニューヨーク・タイムズ紙は、米政府の複数の情報筋を引用して、トランプ政権が中国共産党員とその家族の米国入国を禁止する大統領令の起草を進めていると報じた。現在、米国滞在中の共産党員とその家族のビザを取り消す可能性もある。
人権

中国共産党高官14人にマグニツキー法制裁を,カナダ議員ら政府に求める

カナダの国会議員と人権団体は、人権侵害者に対する制裁を求めるマグニツキー法を元に、法輪功学習者に対する迫害政策を率いる中国当局者14人に制裁を科すようカナダ政府に求めている。
人権

名古屋の実習生に心臓移植手術を行った中国人医師、年間100件以上執刀 臓器狩り関与の疑い

わずか13日後に武漢の病院で移植手術を受けた名古屋の実習生。通常よりも何倍もの早さで移植手術を行える背景には、無実の囚人から強制摘出した臓器を移植病院が利用していると国際人権団体などが指摘。
人権

FOXニュースが法輪功迫害について詳細報道「これは現実だ」

FOXニュースは10分間の番組の中で中共による法輪功学習者への残酷な迫害について詳細な報道を行った。番組は、法輪功学習者于溟さんが獄中での強制労働や迫害の様子を命の危険を冒して隠しカメラで撮影した映像を流した。FOXニュースは10分間の番組の中で中共による法輪功学習者への残酷な迫害について詳細な報道を行った。
人権

中国の移植を「美談」にした日本のメディア、数カ月前から報道計画か 倫理組織が問題視

中国人実習生の心臓移植を日中が協力した美談として報道したことについて、7月6日、これを重く見た倫理組織は「移植ツーリズムを宣伝しかねない」として緊急集会を開いた。中国の臓器移植問題を承知で長期間追跡取材をしていることから数カ月に渡る計画性があると指摘。
時事

バノン氏:武漢研究室の専門家がヨーロッパに亡命 中共の犯罪証拠が渡された

数日前、ホワイトハウスの元首席戦略官のバノン氏は、中共ウイルスの大流行を受けて国際的に疑わしい中国のウイルス研究所の科学者たちが西側に亡命し、西側の政府部門に積極的に協力しており、中共を訴えることにしたと述べた。
人権

709事件から5年―人権派弁護士・王全璋さんが帰宅

中国共産党が人権派弁護士や人権活動家を一斉逮捕した「709事件」から5年が経過。実刑判決を受け、最後まで残っていた王全璋弁護士(44)がこのほど出所した。さまざまな苦難を経て4月27日にようやく家族の元へ帰りついたが、当局から厳しく監視されている。
人権

米国亡命の武漢ウイルス研究者 FOXニュースインタビュー(字幕)

米国に亡命した香港大学ウイルス研究者・閻麗夢(えんれいむ)博士が中国を脱出する前に入手した新型コロナウイルスの発生源などの情報を語った。7月13日FOXニュースの再インタビューでは、中国共産党による新型コロナ隠蔽の多くの証拠を持っており、米国政府に提供すると語った。
人権

中日連携治療の美談 駐日大使が返書ー中国への渡航移植の宣伝か? 【連載4】

中国人実習生が6月25日、中国・武漢で心臓移植手術を受け療養していることに関して、中日の連携で難病患者を治療した美談として、駐日中国大使が日本人医師に返書した。臓器狩り疑惑には全く触れず、中国における臓器移植を正当化し、移植ツーリズムの宣伝との見方もある。
人権

迫害生存者が臓器狩りの証拠を公開―30歳以下の「極上の臓器」がオーダーできる

3月10日、米国のNPO団体「共産主義受難者基金会」は政策フォーラムを開催。昨年1月に米国に渡った法輪功学習者の于溟さんは、渡航前に臓器狩りの証拠を集め、気功修煉者の肝臓の質は極上で、武警医院の肝臓は品質が保障されるという医師の発言をフォーラムで公開した。
時事

米国助成金詐欺で、米司法省 「千人計画」参加の中国人研究者を起訴

中国共産党は「千人計画」を利用して外国に浸透し、技術を盗用。 米司法省によると、中国人研究者の鄭頌国氏は中共の「千人計画」への参加を隠し、米国から受けた助成金を中国の医学研究に使用。 鄭氏は5月22日、国外逃亡を図ったが、空港で逮捕され、9日に裁判所に出廷した。
時事

「中国のネット検閲は過去最悪」、微博の元監視員が語る

中国版Twitter、Weiboや動画配信サイト「楽視視頻」の元監視員が中国共産党のネット検閲体制は、非常に複雑なシステムだと語った。中国は、国際社会の言論の自由も脅かそうとしていると警告。
人権

中国、米の制裁措置に対する報復措置を発表

中国政府は13日、新疆ウイグル自治区をめぐり、アメリカが発表した制裁措置に対する報復措置を発表。アメリカ上院議員ら4人を制裁の対象に挙げている。
人権

香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの「最終兵器」

香港国家安全維持法を巡り、米トランプ政権は、犯罪人引き渡し条約の停止に向けた準備に入ったらしい。数週間のうちに停止する可能性があり、米中間の新たな火種になっている。オーストラリアとカナダは既に、同条約を停止している。
時事

上流の放水が原因?広西省の少数民族自治県で再度大洪水

7月10日の朝、広西チワン族自治区河池市環江マオナン族自治県が豪雨に見舞われ、多くの町や村で洪水が発生。中でも龍岩郷は多くの家屋や農地が浸水、店舗の商品が流され、大きな損失を被った。上流の貯水池の放水による洪水を疑問視する声も上がっているという。
人権

オンデマンド移植? 法輪功などが中国臓器ビジネスの調達先

共産主義犠牲者記念基金(VCMF)3月12日の報告書によると、法輪功学習者やウイグル人らは拘留期間中、定期的な血液検査や健康診断を受ける。これは、移植手術までの待機時間をわずか数日にまで短縮するためであり、中国臓器移植ビジネスの「驚異的な成長」の証拠の1つと指摘した。