人権

人権

法輪功迫害は江沢民の嫉妬から始まった!ー知られざる真実(三)偽りの焼身自殺事件

2000年末までは多くの中国人が法輪功弾圧に反対していた。そこで江沢民は「天安門焼身自殺事件」(中共の自作自演)をでっち上げ、その後高圧的にプロパガンダを流して法輪功を悪者に仕立て上げたため、もともと法輪功弾圧に反対していた人々すら、法輪功に憎悪を抱くようになった。中共はこうして、法輪功への弾圧を更に正当化していった。
人権

法輪功迫害は江沢民の嫉妬から始まった!ー知られざる真実(二)1999年7月~2000年末

法輪功を学ぶ人(法輪功学習者)が増え、その人気がどんどん高まっていくことに、当時の国家主席・江沢民は強く嫉妬し、1999年4月25日の「中南海陳情」を経て、同年7月20日「3カ月以内に法輪功を撲滅せよ!」と命じた。弾圧運動の開始に伴い、警察は家宅捜索を行い、貴重品を没収し、法輪功の資料を破壊し、人々を収容所や強制労働収容所に連行した。残酷な拷問や強制労働によって死に至る者も少なくなかった。
人権

なぜ、法輪功は20年以上も迫害され続けているのか?

法輪功は1992年以来、中国から世界110カ国以上に伝わっている気功である。法輪功を学ぶ人々(法輪功学習者)は平和的であり、信仰を堅持している。中国以外の多くの国では、自由に法輪功を学べるが、中国では20年以上もの間、誹謗中傷、違法拘束、拷問や虐殺、臓器狩りにまで直面してきた。迫害は今も続いている。
人権

越境迫害国家、トップに中国 フリーダムハウス報告

国際人権団体フリーダムハウスは、権威主義的政権が民間人に対して行った、国境を越えた弾圧608件の事例を調査した年次報告「Out of Sight, Not Out of Reach」を発表した。深刻な越境迫害を行う国として中国、トルコ、ルワンダ、サウジアラビア、ロシア、イランの6カ国を挙げ、そのうち中国は、他のどの国よりも自国領土外で多くの人々を迫害しているという。
人権

子どもの人身売買撲滅作戦進行中 トランプ政権の功績

子供の性的人身売買撲滅に尽力する、非営利団体の創設者は、トランプ政権の政策と、資金供与が性的人身売買を撲滅する上で、とてつもなく大きな力になり、ズバリその効果を現わしてきていると語った。全米各地で法執行職員が作戦を実施し、犯人を逮捕するかたわら、人身売買の被害者を救出しているという。
人権

ウイグル、法輪功 未だ止まない中国共産党の人権弾圧

英外務省は中共に対し、国連人権高等弁務官ら国際監視団による第三者の独立調査と新疆への有効で無制限のアクセスを認めるよう求めた。ラジオ・フリー・アジアは新疆ウイグルから脱出した女性の証言を発表し、強制収容所に関するBBCの報道が「全て真実」と確認された。拘束中の女性への集団レイプは以前から発生しており、法輪功学習者は21年もの間、残虐な迫害を受け続けているという。
人権

【ドキュメンタリー】中国共産党の世界支配への3ステップ

いつも間にか中国共産党(中共)が世界経済を掌握し、我々の社会に浸透していた。ネット検閲システム、略奪的な経済活動、攻撃的な軍事行動、法輪功やウイグル等への人権侵害など、中共の脅威に立ち向かわなければ、香港の二の舞だ。今こそ世界は中共の最終目的と計略を見抜き、迫りくる危険に足元をすくわれないよう対処する必要があると言える。
人権

ウイグル人だけではない!法輪功学習者に対する収容所内の集団レイプ

新疆ウイグル自治区の収容施設に入れられたウイグル人の女性らが、収容施設で警官らから組織的なレイプ被害を受けたとBBCに証言した。これに対し中国外務省は、BBCの報道を「間違った報道」と否定した。しかし、1億人以上にも及ぶ犠牲者を出している法輪功への迫害は21年も経過するが、いまだに集団レイプを含む残虐な迫害が続いているという。
人権

中国臓器移植の闇 匿名調査電話の驚愕の内容

「明慧ネット」は1月17日、ある海外華僑の文章を掲載した。彼は過去10年間に中国共産党(中共)が人間を生きたまま臓器摘出する臓器狩りに関する匿名の調査電話を何度も中国国内へかけていた中で、7つのケースを思い出してそれを文章の中で綴った。
人権

「麻酔なしで臓器摘出」上海人が中国共産党の強制臓器摘出を実名で告発

法輪功迫害を追跡調査する国際団体「追査国際」は最近、海外在住の中国人が実名で行った、中共による法輪功学習者からの強制臓器摘出の告発について発表した。報告書では上海武警医院が麻酔を使用せずに生きている法輪功学習者から臓器を摘出しているという残酷な事実が明かされ、21年間にも及ぶ法輪功迫害は今なお続いているという。
人権

中国臓器移植いまもなお活況 移植病院の機密映像で明らかに

2020年9月、中国の元実業家・于溟氏は大紀元香港の時事報道番組「珍言真語」に出演し、中国国内の臓器移植病院を秘密裏に撮影した未公開映像を公開した。実際に移植手術を受けたと語る人は、待機時間は1週間であり、病院には「豊富な移植臓器がある」と述べている。彼の調査で、腎移植を受けた人の年齢は、最高齢は78歳、最年少で3カ月だったと番組で述べた。子供の移植臓器が直ちに見つかるのかと疑問視している。
人権

悪魔が世界を統治しているーー序章 

全世界規模の疫病、尖閣諸島問題、法輪功やウイグル等の大量虐殺などで中共の邪悪さが露呈してきた。米国でも「中共が最大の脅威」と対中政策を強化している。しかし時は遅く、共産主義のイデオロギーは変質した形で世界中に浸透している。知らない内に日本も乗っ取られる危険性がある中で、自分を守るためにも悪魔を知ることは大事だ!
人権

EU、高智晟弁護士らの釈放求める 中国との投資協定締結の前に

欧州連合(EU)加盟国は7日、世界各地の「深刻な人権侵害」を対象とする新たな制裁措置導入を決定した。欧州版「マグニツキー法」と呼ばれ、中国当局に対して、著名な人権派弁護士の高智晟氏ら人権派弁護士や反体制活動家を直ちに釈放するよう求めた。一方で、EUは年末に中国と投資協定締結を目指しているという。
人権

【動画追加】中国共産党の極秘文書を入手 弁護士「法輪功への集団殺害の証拠だ」

大紀元はこの度中国当局の極秘文書を入手、江沢民が21年前から国家権力を乱用し、法輪功に対するジェノサイド(集団殺害)を行ってきたことを明らかにした。。
人権

トランプ政権、法輪功迫害関与の中国警察官僚に制裁措置

米国務省は12月10日、腐敗と人権侵害に関わった外国政府の現職と前職の高官17人に制裁を科すと発表した。国際腐敗防止デーと世界人権デーに合わせての措置で、17人のうち、中国の気功グループ、法輪功の学習者に対する中国当局の弾圧政策に関与したとして、福建省厦門市警察 梧村派出所の黄元雄所長が含まれた。
人権

中国の臓器狩り問題、米議員「関与者に制裁科す法案を推進中」

米下院の共和党議員シャボット氏は、臓器強制摘出に反対する医師の会(DAFOH)が11月19日開催したオンライン会議で、「法輪功学習者を迫害した中国共産党の高官らに責任を追及し、強制臓器収奪という残酷な行為を処罰することを今回の立法の目的にしている」と述べた。
人権

中国移植界の権威「2023年までに中国を世界一の臓器移植大国に」と宣伝

中国臓器移植界の権威である黄潔夫氏は11月20日、北京で開催されたフォーラムに参加し、2023年までに世界一の臓器移植大国になるよう希望すると取材に答えた。中国共産党によって拘禁された法輪功学習者など、生きた人間からの強制臓器摘出の証拠が数々と示されており、黄氏の発言は違法な臓器移植に拍車がかかると憂慮される。
人権

ニューヨーク・タイムズが中国臓器収奪問題など人権迫害に沈黙する不可解な謎

ニューヨーク・タイムズは エポック・タイムズ のような強豪メディアを批判している一方で、20年間も中国で続いている法輪功への迫害について沈黙を守っている。このように真実を隠すということは中国共産党を幇助していることになり、それは、中国共産党がこの飛ばし記事を利用して、法輪功迫害を正当化しているからだという。
人権

米国務次官補、法輪功迫害について臓器摘出疑惑の情報を収集中(動画追加)

10月16日、国務省が開催したオンラインビデオ記者会見で、民主主義・人権・労働担当のロバート・デストロ国務次官補は法輪功の迫害に関する質問を受け、「米国は中国共産党による臓器摘出疑惑を検討し、関連する情報の収集を続けている。あらゆる人の情報や手掛かりの提供を歓迎する」と答えた。
人権

4・25陳情ーでっち上げの「中南海包囲事件」の真実とは?

中国共産党(中共)の人権侵害の中で、法輪功(気功)に対する迫害は人類史上最も残虐で最も大規模だが、多くのメディアは迫害の本当の理由を伝えていない。法輪功迫害の発端は「4.25中南海包囲事件」だと報道されているが、これは弾圧を正当化するためのでっち上げで、実は江沢民の個人的嫉妬によるものだったという。
人権

中国の元実業家・于溟氏が公開した「法輪功迫害の現場映像」

1999年から始まった法輪功への迫害によって、12年もの時間を刑務所や強制労働収容所で過ごした元実業家の于溟氏。2019年1月に米国に亡命できた彼は、自身が受けた迫害の体験を語ると同時に、命がけで集めた映像資料を順次公開している。
人権

日本のODA、中国の医療発展に寄与ー中日友好医院、臓器狩り疑惑の医師も関与

中日友好病院は、日本政府の無償のODAにより165億円の費用で建設され、中国衛生部直属で、1984年10月に開院した。2018年4月、肺移植センター設立1周年で中国衛生部元副部長・黄潔夫氏らを招き講演会を行った。黄潔夫氏は「臓器狩り」への関与が強く疑われる医師22人のリストに入っている。
人権

ノーベル平和賞候補の高智晟弁護士、失踪から3年

中国では、誰かが「失踪させられ」たり「死亡させられ」たりすることは珍しい事件ではなくなった。反体制派や人権派弁護士はどこに行っても中共の弾圧対象となり、これまでにも数えきれないほどの人が「失踪」させられているという。長年にわたり法輪功などを擁護しつづけた高智晟弁護士が失踪して3年になる。
人権

トランプ大統領「最前線」復帰後に取り組んだ3つのこと

中共ウイルスに感染して3日間入院し、復帰したトランプ氏が中共に対してさらに厳しい措置を取るのかどうか議論が広がっている。今回は、新型コロナ感染拡大に関する責任追及で、米裁判官が米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長と中共やWHO間の通信記録の収集を命じたこと、日米豪印によるインド太平洋地域4カ国安全保障対話などについて概説。
人権

「中共を国際犯罪組織に指定する法案」米下院議員が提出

10月1日、米国のペリー下院議員は、中国共産党(中共)を国際犯罪組織に指定し、その対策と制裁措置の採用を求める法案を提出した。中共は主権免除があるからこそ、法輪功学習者など良心の囚人の臓器を強制的に摘出しても責任追及から逃れることができていると指摘し、中共とその追随者を起訴するための懲罰的措置をとることが重要であると述べている。
人権

「中国の臓器狩り」阻止と制裁措置を=米議会委員会が報告書

米共和党下院議員が結成した委員会「チャイナ・ タスクフォース」は9月30日、中国共産党による強制的な臓器摘出に至る、法輪功をはじめとする全ての人権侵害行為に対するさらなる具体的な行動や制裁措置を講じるよう求める報告書を発表した。
人権

「中国による外国人記者への脅迫と迫害」米国務省オータガス報道官が毎日ツイート

米国務省・オータガス報道官は9月22日から毎日、「中国による欧米ジャーナリストへの脅迫と迫害」についてツイートし、在中外国人記者への脅迫や嫌がらせを辞めるべきだと訴えた。「中国当局は、カーニー氏(豪州)の新疆ウイグルなどに関する報道が気に入らなかったため、同氏の14歳の娘を拘束すると脅した」という。
人権

【実話】法輪功の学習者、もう中国共産党の奴隷にはならない(回想録)

1999年7月20日、中国共産党が法輪功への弾圧を発動してから、1億人の法輪功の学習者とその家族は前代未聞の残虐な迫害を受けている。これは、ある法輪功の学習者の回想録。妻と私たち家族が法輪功の学習者だという理由だけで、妊娠3カ月の妻は死に至るまで迫害された・・・
人権

スウェーデン、チベット人中国スパイを国外追放 亡命者の情報を収集

スウェーデンの裁判所はこのほど、亡命チベット人の情報を中国治安当局に渡すスパイ活動を行った中国出身でチベット人の服役囚の国外追放を命じた。スウェーデンのチベット人団体の代表ジャムヤン・チョドン氏は、「本当の脅威は中国共産党政権であり、買収されたスパイではない。共産党こそが私たちの挑戦する必要のある対象である」と指摘
人権

フランスの65人の国会議員が中国臓器狩りを問題視 法改正を提案

9月15日、フランスの65人の国会議員は、強制的な臓器摘出、違法な人身および臓器売買を防ぐために法律改正のための提案書を議会に提出した。2019年6月にロンドンで設置された人道犯罪に対する独立調査「民衆法廷」による中国臓器問題の報告を引用しており、臓器の出所は、主に法輪功学習者という。