人権

人権

ポンペオ長官のブレーン・余茂春氏が語る「トランプ大統領は香港への弾圧を阻止」

米メディアは、中国系米国人学者の余茂春氏が、トランプ政府の対中政策の中心人物であることを明らかにした。彼は数年前のフォーラムで、米政府の上層部が中共の影響を受けていると指摘した。米政府は中共に対する政策を根本的に転換、香港への中共の弾圧を阻止するために、大統領は貿易協定の第一段階を犠牲にすることも厭わなかったという。
人権

米国5人の議員がネットフリックスへ「三体」の実写化をやめるよう要請

米国上院議員5人が映画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」へ書簡を送り、中国SF作家・劉慈欣(リュウ・ジキン)のSF小説『三体(さんたい)』実写版の映画制作を撤回するよう求めた。劉氏が、中国共産党による新疆ウイグルでの人権迫害を擁護したことがその理由という。
人権

中国 海外への統一戦線工作、国連を抱き込み 人権侵害国家を擁護 

米シンクタンクが海外進出における中共の影響力を分析した報告書を公開した。中共・統一戦線部の予算から、中共の大規模なプロパガンダと海外への浸透の実態が伺えるという。また、「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の最新報告書によると、中共は国際人権システムへダメージを与え、国連を抱き込み人権侵害国家を擁護しているらしい。
人権

仏大統領、中国新彊へ国連調査団派遣を訴え 米下院、強制労働による中国製品の輸入制限法案を可決

フランスのマクロン大統領は22日、国連総会での一般討論演説で、中国政府による新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り「国連の保護を受けた国際調査団が現地を訪れられるよう求める」と表明した。一方、米国議会下院は22日、中国・新彊ウイグル自治区などで強制労働力によって作られた商品の輸入を禁止する法案をほぼ満場一致で可決した。
人権

米国、NY市警の警察官をスパイ容疑で逮捕 中国領事館に情報提供か!

ニューヨーク市警の警察官で、中国・チベット地方生まれの33歳の男が、中国政府の特別工作員として活動した容疑で逮捕された。アングワン被告は中国領事館に、現地のチベット人に関する情報を提供していたもよう。彼は最初、文化交流ビザで米国に入国後、チベット人として中国で逮捕され拷問を受けたと主張し、亡命を認められたという。
人権

中国が労働移送政策強化 チベットで軍隊式訓練施設を経て建設現場などへ

中国政府は、チベット自治区の農村部の労働者を、最近建てられた軍隊式の訓練施設に移動させ、工場労働者になるための訓練を受けさせる政策を拡大しているという。新疆ウイグル自治区でも同様のプログラムが進行しており、人権擁護団体からは強制労働として問題視されているらしい。
人権

中国共産党による迫害は、幸せな家庭を粉々に破壊した!

法輪功(気功)、ウイグル、チベット、モンゴル、香港、人権弁護士などが中国共産党人権侵害の標的となっている。 ある日突然悲劇が幸せな家庭を襲う。無実の両親や祖父母が犠牲となり、子供たちが孤児となる。実話による現状を紹介する。
人権

中国瑞麗市ロックダウンで中共のメンツ丸つぶれ! 欧州でも感染拡大にWHOが警鐘!

雲南省瑞麗市で新型コロナの症例が確認され、現地は14日に急遽ロックダウンを宣言し、現在仮設病院が建設されている。中国の専門家・鐘南山氏が雲南省に行っているネット映像も投稿され、大規模感染が発生していると推測。17日、欧州各国で新型コロナ感染が「驚くべき速さ」で拡大しているとWHOが警鐘を鳴らた。
人権

中国、朝鮮族への中国語強化教育 内モンゴルに続く

中国当局は、少数民族への中国語強化教育を進めている。内モンゴル自治区に続き、東北地方の朝鮮族地域でも、一部の朝鮮語教科書が中国語の教科書に置き換えられた。中国共産党体制下の朝鮮族社会でも文化の消失が危ぶまれている。内モンゴルでは他の地域から公安や武装警察が派遣され、多数のデモ参加者を逮捕した。
人権

中国の人権問題に懸念のEU首脳、中国の習近平と会談

中国では様々な人権迫害が日増しに酷くなっている。例えば、21年間も続く法輪功(気功)への弾圧やウイグル族・チベット・香港・モンゴルへの迫害など。その迫害の真実が、今までは中国当局に隠蔽・捏造されていたが、今や世界中の人々に伝わりつつある。欧州連合(EU)首脳は14日、中国の人権問題について、中国の習近平国家主席とオンライン形式で会談し、問題視されている少数民族ウイグル族の扱いなどに「深刻な懸念」を表明した。ミシェルEU大統領は終了後の記者会見で、「独立した監視団の新疆ウイグル自治区入りを求めた」と明らかにした。
人権

中国の強制労働疑惑、スウェーデンの「H&M」は中国業者との取引打ち切りへ

スウェーデンのアパレル大手「H&M」は15日、中国の新疆ウイグル自治区での民族的・宗教的少数派を使った「強制労働」に対する批判を受けて、中国の製糸業者との関係を断つと発表した。このような強制労働を含む系統的な弾圧システムは「法輪功」が始まりだと言われ、残虐で大規模な法輪功への迫害は21年経った今も続いている。
人権

米国政府、ウイグル「強制労働」製品の一部輸入禁止へ!

米政府は14日、中国の新疆ウイグル自治区で「強制労働」によって作られている製品の輸入を禁止すると発表した。禁輸対象となる製品は、新疆ウイグル自治区などのメーカー5社が製造した綿製品、衣料品、人毛製品、電子機器など。米税関・国境警備局のモーガン長官代行は、「強制労働は凶悪な人権侵害だ」と非難した。
人権

いわくつきディズニー映画「ムーラン」が中国全土で公開 予想通りの大爆死!

中国新疆で撮影されたディズニーの実写版映画「ムーラン」が先週末、中国全土で公開されたが、予想をはるかに下回る大コケだったらしい。TwitterなどのSNSでボイコット運動が呼びかけられた為、中国政府は自国メディアに対し「ムーラン」の映画評やPRを含む一切の報道を禁止し、それが動員数に影響したとみられている。
人権

新疆で撮影の映画「ムーラン」 米国会議員19名がディズニーに質問状

ディズニーの新作映画「ムーラン」が、中国新疆で撮影されていたことが分かり、批判が高まっている。米国会議員19名は連名で、ディズニーが中共の人権迫害に加担している機関と協力したとして説明を求める公開書簡を出した。ディズニーは、撮影に協力した人々に感謝を述べるのはごく普通のことだと述べている。
人権

2022年冬季五輪、北京開催の撤回をIOCに訴えた=160超の人権団体

法輪功(気功)、新彊ウイグル自治区、チベット、香港、内モンゴルに対する中国政府の人権迫害が続いている中、160を超える人権団体が連名で、2022年冬季オリンピックの中国北京開催権の取り消しを求める共同書簡を国際オリンピック委員会のバッハ会長に送った。
人権

中国:一般人の脳を制御、恐怖の「エレクトロニック・ハラスメント」兵器か?

地元当局の幹部らの汚職行為を告発した一般人が、逆に「エレクトロニック・ハラスメント」の報復を受けている。これは電磁波などを使って対象者の脳を制御し、精神疾患のような症状を発病させる非致死性兵器の一種。彼は24時間、頭の中で人の声が聞こえるという。中国広州市にある米国総領事館の職員も被害を受けたもよう。
人権

ウイグル人の無料身体検査と「増え続ける失踪人口」

英国に亡命したウイグル人の元外科医、エンヴァ―・トフティ氏は、中共は新疆でいわゆる「無料の全民検査」を行ったが、検査結果は知らされず、かえってウイグル人の失踪が日に日に増えていると指摘している。先日はあるセルフメディアが、サウジアラビアの37人が天津で「ウイグル人」の肝臓を移植したと暴いた。
人権

中国政府は 毎日20人を失踪させている=人権団体最新報告

スペイン・マドリード拠点の人権団体「セーフガード保護官」は8月30日、人権についての最新報告を発表した。2020年、中国の共産主義政権によって少なくとも1日に20人が失踪させられている。彼らは、「指定居所監視居住」と呼ばれる、当局が指定した施設内で、中国警察によって監視や拘禁されているという。
人権

迫る食糧危機、中国メディア「飢餓感」を推奨

中国は大洪水や新型コロナウイルスによるパンデミックで深刻な影響を受け、食糧問題が議論の中心となっており、中国共産党は国民の社会生活において「浪費は恥ずべき、倹約は尊敬すべき」といった風潮を高めている。その一方で他国へ大量の食糧を輸出し共産党プロパガンダを広めたり、腐敗した役人が食糧を盗んだりしているという。
人権

アラブ人37人、天津で「ハラール肝移植」 待機期間1カ月弱=目撃証言

北米YouTubeチャンネルにゲスト出演した中国人女性は、2006年、天津泰達病院を訪ねた際、37人のサウジアラビア人患者が新疆人ドナーからの肝移植を受けていたと話した。アラブ人は宗教上の理由から「ハラール臓器」を必要としており、新彊イスラム教徒のハラール臓器を大量購入しているという。
人権

ディズニー実写版「ムーラン」にボイコットの動き

ディズニー映画『ムーラン』の実写版が、9月4日から配信開始。しかし、ツイッターを中心に本作に対するボイコットがSNS上で呼びかけられている。主演女優が香港警察への支持を表明、撮影場所が新彊ウイグル自治区と、ディズニーは「強制収容所の影で利益を上げる国際企業」になったのかと非難されている。
人権

厚生労働省に中国で臓器狩りに関与する医師リストを提出ー有志組織

大紀元(2020年9月4日)によると、法輪功迫害追跡調査国際組織は、「臓器狩り」への関与が強く疑われる医師22人のリストを作成した。このたび、日本の有志組織は外務省(8月12日)、法務省(8月14日)に続き、厚生労働省にこの医師リストを提出すると同時にマグニツキー法に準じる法的対応を要請したという。
人権

ドイツ人研究者、中国新疆における強制不妊手術を批判

ドイツ人研究者らは6月29日に、中国新疆ウイグル自治区における「強制不妊レポート」を発表したが、中国は9月3日、新疆ウイグル自治区の女性たちは自ら望んで不妊手術を受けていると事実を否定。これは、事実を捏造し蛮行を正当化する中国共産党の一貫した手口である。
人権

ハンガリー議員、中国大使館から圧力の書簡を公開

ハンガリー国会議員シズル・ベーネデット(Szél Bernadett)氏は、自身が8月19日にブダペストの駐ハンガリー中国大使館から「議員が法輪功支持の共同声明に署名したことに反対する」などの内容の書簡を受け取ったことを公表した。「これは自分の政治キャリアの中で最も不条理な瞬間だ」と憤慨している。
人権

上海市警察、法輪功学習者に強制採血 各地で多発

中国上海市警察当局は8月初め、法輪功の女性学習者(70)に対して強制的に採血したことがわかった。警官らは「国が定めたことだ」と採血に応じるよう強要したという。WTOIFGの汪志遠・会長は8月30日、「強制採血で得た情報は、中国当局の臓器バンクのデータベースに入れられるだろう」と述べた。
人権

北京市民が当局の土地転がしの犠牲に 補償もなく家を強制取り壊し

北京の中流市民が建てた裏庭付き大邸宅を、当局が違法建築として強制的に取り壊し始めた。所有者には何の補償も受けられず、中国共産党高官や建設会社が土地を転売したり、新たなプロジェクトを始めたりすることで、巨額の利益を得ることができるという。
人権

中国、新疆に続き内モンゴルも 民族文化の抹殺を進める

9月1日から内モンゴルの小学校と中学校でモンゴル語の教材を中国語に置き換えると通知した。このことはモンゴル人の民族文化の抹殺政策であると捉えられ、国内外のモンゴル人の反発を招き、内モンゴルの各地で抗議活動が続いている。その一方で、当局は多くの抗議者を拘束し、容赦ない鎮圧を続けているという。
人権

中国、モンゴル語教育廃止 ウイグルの次はモンゴルか【動画追加】

NEWSポストセブンによると、中国内モンゴル自治区の通遼市政府は9月1日から始まる小中学校の新学期から、これまでは中国語とモンゴル語の両方で教えていた中国共産党理論や道徳、中国の歴史、政治などの科目を中国語だけで教え、今後はモンゴル語での教育は行わないことを通知していたという。
人権

中国国営テレビの豪州人キャスター、中国で拘束

BBC(2020年9月1日)によると、中国国営放送局・中国環球電視網(CGTN)の司会者、成蕾(チェン・レイ)氏が、中国当局に拘束されたとオーストラリア外務省が31日、明らかにした。豪政府は7月、豪国民が中国で拘束される恐れが高まっていると注意を呼びかけていた。ここ数カ月、両国の緊張は高まっている。
人権

駐台湾の外国人記者が急増 一部は中国からの追放者

現在、台湾には68の外国メディアがあり、114人の外国人記者が同国に駐在しているが、今年に入って、中国本土から追放された記者を含む22人の外国人記者を新たに登録しており、台湾外交部は「台湾には言論と報道の自由があり、われわれはこの権利を尊重している」記者らの登録を認めた理由を述べた。