人権

中国共産党による法輪功への迫害 米国のキャンパスにまで及ぶ=報告書

報告は中国共産党の越境弾圧の手法を詳述しており、物理的・デジタル的な監視、中国国内の親族に対する迫害、偽情報が記載された中国語の教科書の使用、中国共産党傘下にある学生組織を使った監視などがあるという。
人権

米議会の公聴会で 天津の法輪功学習者が強制労働の実態を暴露

米連邦議会・行政府委員会は、中国共産党による強制労働行為について深刻な懸念を示す公聴会を開催し、米国に住む法輪功学習者が、中国の再教育キャンプでの強制労働の経験を明らかにした。このような迫害は今もなお続いているという。
人権

ドイツの国際人権協会、中国外相らに法輪功学習者の釈放求める

ドイツの国際人権協会(ISHR)は19日、秦剛外相と呉懇駐ドイツ中国大使に書簡を送り、不当に拘束された法輪功学習者を無条件で釈放するよう強く求めた。法輪功の情報を伝える明慧ネットによると5月12日、山東省日照市で40人以上の学習者が警察に逮捕された。
人権

米政府職員にわいろ渡し、法輪功迫害に加担させる…中国出身者2人を逮捕

米連邦検察局は26日、国税庁職員に賄賂(わいろ)を渡し中国共産党(中共)による法輪功への弾圧に加担させようとした疑いで、中国出身の男2人を逮捕、起訴した。金銭を受け取ったのは潜入捜査を行なっていた特別捜査官だった。中共の海外における違法活動が改めて浮き彫りとなった。
人権

法輪功への不当判決は「中国共産党の本質」を暴いている=米議員

米フロリダ州在住の家族が“法輪功を学んでいる”という理由で、中国で投獄されたことを受け、「中国の大量虐殺政権による人権への踏みにじりに対して、断固として対抗する」など、米上下院議員たちが相次いで抗議を表明した。
時事

【和訳】法輪功創始者の李洪志氏が発表した2つの文章(人類への啓発)

法輪功創始者・李洪志氏が『なぜ人類は存在するのか』と『なぜ衆生を救い済度するのか』と題する文章を発表。ある評論家は「文章は全人類にとって非常に重要で、混沌とした世界において、人間社会が伝統的な道に戻る必要性を指摘している」と語った。
人権

「馬三家からの手紙」完成直前に謎の死を遂げた主人公

主人公の孫毅と二人三脚で作品を作り上げ、2020年の日本上映にあわせて来日した中国系カナダ人のレオン・リー監督に、映画の中ではほとんど触れられていない孫毅の死をめぐるミステリーについて、野嶋剛氏が詳しく話を聞いた。
人権

米国務省報告書 法輪功学習者の迫害死に懸念

米国務省は5月15日、「信仰の自由に関する国際報告書2022」を発表した。報告書では、法輪功の情報サイトの記事を引用し、中国共産党による法輪功学習者への迫害とそれによる死亡、および遺体の強制火葬などについて記載されている。
人権

「世界法輪大法デー」24周年 日本からも祝賀メッセージ NY州では祝賀決議案が可決

2023年5月13日、第24回目の世界法輪大法デーを迎えた。法輪大法(法輪功とも言う)は、1992年李洪志氏によって中国で伝え出された気功である。世界法輪大法デーは、創始者・李洪志氏の誕生日を祝うと同時に、法輪功学習者たちが集まり、全世界の人々に法輪功の真相を伝えるための活動を行う重要な日となっている。
文化・伝統

日本の「こどもの日」と中国伝統の「端午節」との違い

5月5日は「端午の節句」でもあり、日本と中国では、その由来や文化・風習も異なるが、子どもたちを中心に家族が一緒になって楽しむという共通点がある。それぞれの伝統文化は地域社会で大切に継承されている。
人権

中国の奴隷労働 格安な製品の背後にあるのは「血と涙」 

カナダのトルドー首相は4月28日、「中国は奴隷労働によって、世界最大のリチウム生産国になった」と言及。しかし、中国が20年以上前から急速に世界のサプライチェーンと化した背景には、数多くの法輪功学習者たちの奴隷労働が存在している。
時事

日本と米国に矛先を向ける中国共産党の憎悪教育

有志組織・大翻訳運動は4月13日、将来の夢を問われ答える中国の子供の動画を字幕付きで投稿した。残忍さを示すその答えに、専門家は「幼い頃から中国共産党の歴史シナリオのなかにいる」とその憎悪教育問題を指摘した。
人権

米企業リリースの動画プラットフォーム「Ganjing World」 日本でも!

有害コンテンツを排し、健全なインターネット空間の提供を掲げる動画プラットフォームGanjing World(乾浄世界、清らかな世界の意味)が2022年8日、米国で公開され、急速に広がりを見せている。
人権

共産党についての九つの論評(動画のみ)

台湾元総統の李登輝氏は生前、「共産党についての九つの論評」と中共から脱党した人々を高く評価した。また、共産主義の掲げる理想論は、人々を騙すための口実に過ぎないと警告していた。中国共産党をはっきりと理解するための材料として、李氏は大紀元の社説...
時事

米、刑事事件として摘発 中国「海外警察署」運営疑いで2人逮捕 

米司法省は4月17日、越境弾圧に従事しているとされる中国海外警察署を運営していた疑いで中国系米国人の男2人を逮捕したと発表した。日本など各国に設置されている海外警察署だが、刑事事件として摘発されたのは今回が初めてとされる。
時事

国民が絶望「中国の農薬使用量は世界一、自分自身を毒殺」 高官らは特別供給

最近、中国が使用している農薬の量が世界中のすべての国を合わせた量よりも多いことを示す動画がネット上に投稿された。一方、中国共産党の高官たちには安全・安心な特別食品が供給される、「特供(特別供給)」があり、その店舗には一般市民が入ることができないという。
人権

欧米人権専門家が台湾訪問 中共臓器狩り最大の被害者は法輪功学習者

日本では中国共産党によるウイグルなどの少数民族に対する人権侵害が注目されているが、欧米などでは23年以上も続く法輪功迫害の方が認知度が高い。4月6日、欧米の人権活動家訪問団が台湾に到着し立法院長と会談を行った。
人権

中国共産党による拷問 被害者(法輪功学習者)が語る恐怖の酷刑

中国共産党による酷刑を受けた法輪功学習者は、4月5日にNTDの取材を受け、自らの体験を語った。法輪功学習者の雷さんは、法輪功を続けたため、湖南省の留置所と女性刑務所に入れられて拷問を受け、信仰をやめるよう強要されたという。
時事

中国専門家「日本の警戒心不足に驚く」ファーウェイが日本の私立中高で情報技術を講義

中国の通信機器大手・ファーウェイが日本の私立・県立の中学校、高校で情報技術の講義を行っている。中国専門家は、米欧で定着するネガティブな印象を払拭するために、日本の教育現場で良い印象を与えようと試みているのではないかと指摘する。
人権

「人間性を喪失させる」…今なお続く中国共産党による薬物迫害 

中国共産党による法輪功学習者への残酷な迫害は、今現在も続いており24年に及ぶ。同党は薬物迫害や人体実験を繰り返し、自らの信念を貫く学習者を心神喪失や死に追いやってきた。ここでは広範囲かつ長期にわたって行われている薬物迫害について取り上げる。
人権

調査記者イーサン・ガットマン氏は見た 法輪功迫害の初日、忘れられない光景

米国メディアの記者だったイーサン・ガットマン氏は、中国共産党による法輪功弾圧の始まりを目撃した。十数年の調査の結果、彼は、臓器狩り問題は法輪功学習者を用いた実験と大量殺戮に帰結するとの結論に至ったという。
人権

中国共産党による法輪功迫害の即時停止を求める署名にご協力ください!

「法輪功迫害の即時停止を求める会」は、日本政府が一刻も早く、「中国共産党による法輪功迫害を直ちに停止させ、人権状況を改善するよう中国政府に求める」という正義の行動を起こすよう要望する署名を呼びかけています。
人権

米下院委、中国共産党による臓器狩り禁止法案 全会一致で可決 本会議審議へ

米下院の外交委員会は、中国共産党が主導する強制臓器摘出に対処する法案を全会一致で可決した。今後、審議入りする下院での早期可決を目指す。2023年強制臓器摘出停止法案は、生体臓器狩に加担した者に対し、米国への入国や米国内での金融取引を禁じる。
人権

海外での臓器移植、実態調査が必要=加藤厚労相 中国の”臓器狩り”には触れず

加藤勝信厚生労働相は2月27日、衆院予算委員会で「海外での臓器移植等の実態を把握する必要がある」と述べたが、あっせん団体を通じた渡航移植に限定され、人道に対する罪が懸念される中国の臓器移植問題について触れることはなかった。
人権

アマゾン出店者、6割は中国 浮かぶ書評の検閲疑惑

あるアマゾン利用者が、中国に関する書籍にレビューを投稿しようとしたところ「不適切な内容」として拒否された。サードパーティー出店業者の約6割を中国が占めるアマゾンに、利用者の対中評価を検閲しているのではないかとの疑惑が浮かぶ。
人権

「中国共産党はマフィア」米下院中国特別委メンバー、閉鎖された海外警察署前で集会

「米国と中国共産党の間の戦略的競争に関する特別委員会」委員長のギャラガー議員は2月25日、閉鎖されたニューヨークの中国海外警察署前で集会を開き、中国共産党に対し、法輪功学習者らへの越境弾圧に対する罰則を強化すると述べた。
時事

トルコ大地震 被災者を買収して工作活動する中国 

2月6日発生のトルコ大地震で多くの死傷者が出たにもかかわらず、中国政府は宣伝に利用することを忘れていない。最近、中国公式メディアの記者はお金を出して、現地の被災者を買収し嘘をつかせようとしたが、多くの被災者が取材を拒否しているという。
人権

中国での青年の獄中死受け 米政府高官が法輪功迫害加担者への制裁求める

法輪功迫害は、24年目となる2023年の今も続いている。米国務省はRFAに公表した声明で「法輪功学習者への虐待を直ちにやめ、信仰を理由に投獄されている人々を釈放し、行方不明となっている学習者の行方を解決するよう中国政府に求める」と述べた。
人権

逮捕されたNPO法人「難病患者支援の会」の理事長 中国での臓器狩りに関与か?

「難病患者支援の会」の理事長が、海外での臓器移植の違法な仲介を行ったとして、2月7日に逮捕された。同法人の事業報告書を見ると、2017年6月から2020年5月までの3年間における唯一の業務対象国は中国のみだった。
人権

中国で最も恐ろしい強制収容所、これまで生きて帰ってきた者はいない

中国共産党が遼寧省瀋陽市蘇家屯区に法輪功学習者の秘密強制収容所を持ち、2001年、そこには6000人の法輪功学習者が収監されていたと海外メディアが報じた。これらの法輪功学習者は臓器狩りの犠牲になったという。