人権

中国共産党による生体臓器摘出を暴露した映画『国有臓器』 カナダ映画祭で最優秀賞監督賞受賞

2023年カナダ映画レオ賞で最優秀監督賞などを受賞したドキュメンタリー映画『国有臓器』は、2人の善良な若者(法輪功学習者)が警察によって強制的に連行された後、その家族による20年にわたる捜索の旅が描かれている。
人権

法輪功に対してでっち上げた動画を見た中国の若者 米国へ亡命

小粉紅だった劉大東さんは、しばしばファイアウォールを飛び越え、中国国内の実態に関する情報を目にした。特に、法輪功に対して中共がでっち上げた「天安門広場焼身自殺事件」に関する動画を見て最も衝撃を受けたという。
人権

中国における法輪功への迫害、依然として深刻…退役軍人さえ「死に至る虐待」

米民間調査機関ピュー・リサーチ・センターによると、中国における法輪功への迫害は依然として深刻な状況にあることが明らかになった。同機関の報告は、中共による不当な拘束や虐待によって死に至った退役軍人の例を取り上げた。
時事

「世界は中共の偽情報戦に備えていない」…米大統領選の勝敗も左右=アナリスト

選挙の投票操作を目的とする中国といった敵対国からの広範な偽情報操作に対して、世界は準備できていない。中国共産党関連の団体がAIで作成した偽画像や動画などが、2024年米大統領選の勝敗に重大な影響を与える可能性があると、調査アナリストが警鐘を鳴らした。
時事

中国共産党 民間企業を動員しサイバースパイ活動を強化

中国共産党が外国の政府や機関に対するサイバースパイ活動を行うために、ますます民間企業を利用していることが明らかになった。この事実は、中国のサイバーセキュリティ企業「安洵」から漏洩した多数の内部文書を通じて判明し、世界に衝撃を与えている。
人権

「決して屈しない」カナダ人権団体、法輪功学習者孫茜さんの釈放訴える 

カナダ国籍の法輪功学習者・孫茜さんが中国共産党(中共)に不当に拘束されてから7年目を迎えた。カナダの司法大臣兼検事総長を務めたアーウィン・コトラー氏が率いる人権団体は、中共による法輪功迫害を非難し、孫さんを即時に釈放するよう訴えた。
人権

中共の本質を認識 中国人海外移住ブーム

3年にわたるゼロコロナ政策によって多くの中国人が中国共産党(中共)の本質を認識し、海外移住を選択する人が増えている。ビザ取得が難しい欧米諸国と比べ、取得が容易なタイが第一候補となっている。
人権

欧州議会で中共による法輪功への迫害を非難し停止を求める決議が採択 

欧州議会で18日、中国共産党による法輪功に対する迫害を非難し、停止を求める決議が採択された。こうした迫害と組織的な臓器収奪は「頻繁に」報告されているとし、加担者に対して制裁を課すようEU加盟国に求めた。
文化・伝統

中国共産党による妨害にも屈せず、神韻日本公演初日から満場!観客「見ているだけで癒された」

1月6日、神韻芸術団は埼玉県大宮ソニックシティ大ホールでの公演初日を迎えた。劇場は満場となり、古典舞踊とオーケストラによる音楽を通して中国伝統文化の真髄を伝える神韻のステージに、観客らは感動を語った。
時事

中国古典舞踊の神韻公演…中国共産党による妨害続く 「コロナに感染」とでっちあげも=報告書

米国を拠点とする非営利団体「法輪大法情報センター」は1月8日付の報告書で、中国共産党は10年以上にわたって、神韻に対する世界的な妨害活動を行い、日本を含む37カ国で表現の自由を抑圧してきたと非難した。
人権

中国  災害で金儲けする「慈善団体」の腐敗 救援物資市場で転売

中国甘粛省で2023年12月18日深夜、マグニチュード(M)6.2級の地震が発生した。被災地は零下10数度の酷寒。大勢の被災民は簡易なテントでの野宿を余儀なくされている。そのようななか、カナダの企業カナダグース は「高品質のダウンジャケット2千着など防寒用物資を被災地に寄贈する」と公表した。
人権

「我々がどれほど貧しいか、誰も知らない」 甘粛地震が暴いた中共「貧困撲滅」のウソ

中国甘粛省で昨年12月18日深夜、マグニチュード(M)6.2級の地震が発生。数十万戸の家屋が倒壊などの被害を受け、被災地は廃墟と化した。零下10数度の酷寒のなか、大勢の被災民が家を失い、ビニールシートなどでの野宿を余儀なくされている。
時事

青息吐息の中共 米国などの国々が強硬な措置を打ち出し

中国共産党(中共)はここ数日、悪いニュースに見舞われている。米国は「最強の反共報告書」を提出し、一連の強硬措置を打ち出した。 ある専門家は、中共に対する米国の態度は根本的に変化し、中共政権は今、崩壊の過程にあると分析している。
人権

国際人権デー 英国議員 中共による法輪功への迫害を非難

国際人権デーに合わせて、6人の英国議員が現地の法輪大法学会に書簡を送り、「20年以上にわたる中国共産党(中共)による法輪功迫害を非難する声明」を発表した。
時事

中共を拒絶し疫病から逃れよう 

中国で再び疫病が蔓延している中、全世界脱党支援センターは、中国人に対して、中国共産党(中共)から脱退し、共産党と手を切り、中共の仲間にならないよう呼びかけている。
人権

エポックタイムズ姉妹メディア記者、襲撃される APEC抗議デモ取材中

アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開催されている米サンフランシスコで11月15日、エポックタイムズの姉妹メディア新唐人(NTD)の記者が路上で男に襲撃された。後に男は私服警官によって拘束された。
人権

米国務省、中国共産党による神韻芸術団公演妨害に懸念を示す

米国務省と複数の米国会議員はこのほど、中国共産党が韓国の劇場に圧力をかけ、ニューヨーク発の芸術団の韓国公演を妨害していることを非難した。中国共産党の経済的威圧と浸透工作が改めて浮き彫りになった。
人権

カナダ「ドラゴンボート・フェスティバル」運営団体 法輪功への差別的行為認め謝罪 

カナダのオタワを拠点とするドラゴンボート・フェスティバル(龍舟競漕)運営団体は、4年前に開かれた大会で法輪功学習者への差別的な行為があったことを認め、公式に謝罪した。
時事

アルゼンチンのミレイ新大統領「中国共産党との関係を断ち切る」 

アルゼンチン大統領に選出されたハビエル・ミレイ氏が、中国共産党(中共)との関係を断ち切ると表明した。
人権

米在住華人に伸びる「中共の魔手」 中国国内の親族を脅迫し、圧力をかける

今月アジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席する中国国家主席習近平が宿泊するホテルの前や沿道などで、海外にいる中国の民主活動家や人権活動家、中共の不条理を訴える陳情者など、多くの人々が集まり、習近平と中国共産党に対して抗議の意を表した。
人権

武漢で臓器獲取(調達)組織大会が開催 国営メディアが報道しない理由とは?

国際NGO(法輪功への迫害を追跡調査する国際組織)が集めた証拠から、臓器獲取組織は中国共産党が「法輪功学習者の生体から臓器の強制摘出を行っている」ことを隠蔽し、カバーするために設立された隠れ蓑に過ぎないという。
人権

中国人男性 警察官の前で堂々と中国共産党を批判

最近ネット上である中国人男性が警察官の前で堂々と中国共産党を批判する動画が出回っている。
人権

オタワ発表 「中共の法輪功への海外干渉と弾圧報告」

カナダ法輪大法学会は首都オタワで最新報告書を発表し、中国共産党(中共)による24年間にわたる法輪功への海外干渉と国境を越えた弾圧を暴露した。
人権

中国がカナダ首相を狙った偽情報工作 外交部「明らかな政治介入であり、干渉だ」

中国がカナダのジャスティン・トルドー首相やピエール・ポワリエーブル保守党代表を含む下院議員数十人をターゲットにして「スパムフラージュ」工作を行ったことが明らかになった。
人権

洗脳から解かれた退役女性兵士 中共の「嘘」を暴露 

私の人生で最も貴重な時間を中国共産党(中共)の捨て駒にされていることに、遅ればせながら気づいた
時事

進化論 「長い尾羽を持つ恐竜」は嘘だった 中国のでっち上げは今も

近年、進化論の最大の嘘は、中国で発見された「 長い尾羽を持つ恐竜」がでっち上げだったことだ。
人権

SNSから子供の命を守る! 子どもに有害なコンテンツ規制へ、英国が法整備

英国議会で「オンライン安全法案」が議会を通過した。SNSやウェブサイトの運営者に強い自主規制を求め、企業幹部の刑事責任追及もありうるものだ。法案策定を大きく後押ししたのは、14歳の少女の自死だった。
時事

「巨変は、いま始まろうとしている」 中国のSNS上で共感を呼んだ文章(和訳)

8月初旬の中国で、X(旧ツイッター)上にある文章が掲載され、多くの人の共感を呼んだ。「中国という国で生きることの大変さ」が、まさに民衆の慟哭や絶叫が聞こえるような実感をともなって表現されているという。
時事

中国で再び新法「外国国家免除法」成立、外国資産の凍結や押収可能に 日本企業のリスク高まる

9月1日、中国で「外国国家免除法」が成立。この法律は、外国資産の凍結や押収を可能とするもので、反スパイ法に続く動きとして、外国企業や邦人の安全上のリスクが増大するという。アステラス製薬の日本人社員は刑事拘留となり、拘束が長期化。
人権

人権弁護士、中国で失踪6年 有識者「中共に法律はないに等しい」

中国の人権弁護士・高智晟(こう・ちせい)氏が行方不明になってから6年が経った。この件について、米国に亡命した盲目の人権活動家・陳光誠氏は米エポック・タイムズの取材に対し「中国共産党(中共)にとって、憲法も国際法もないに等しい」と指摘、「このような迫害は誰の身にも起こりうる」と警鐘を鳴らした。